★蚊取り線香・自動消火タイマー

ホチキスガチャ玉ダブルクリップ
   ホチキス玉     ガチャ玉     ダブルクリップ

蚊取り線香の渦巻きの長さって、伸ばすと75cmもあるんだそうです。
これで一晩、7時間半持つわけですから、10cmで1時間の見当になります。

1時間後に消したい時は10cm、30分後なら5cmを目安に消火器をセットします。
消火器って何?―――こんな小物が消火器として使えます。

  A.ホチキスの玉を1cmぐらい折ってかぶせる――おすすめします。
  B.ダブルクリップで挟む
  C.目玉クリップで挟む
  D.ゼムクリップを乗せる
  E.ガチャ玉を乗せる
  F.金属製洗濯ばさみで挟む――100均で売っています
  G.ヘアピンで挟む
  H.1円玉を乗せる―――これもおすすめです。

いろいろ実験してみました。どれもちゃんと消えました。
プラ製の洗濯バサミは少し溶けるので、火事にはならないだろうけどNG。
ゼムクリップを通した場合、少し火勢が弱まりましたが消えませんでした。
広げて挟むか、乗せればOK。大きなクリップなら「通す」でOKかもしれません。

目玉クリップやダブルクリップは重たくて線香がしなる。画像は「小」。
1円玉の代わりに5円玉、10円玉、100円玉でもOK。

ブタちゃんタイプの蚊取りなら、挟むタイプの消火器
平置きタイプの蚊取りなら、乗せる・かぶせるタイプの消火器が使いやすい。

蚊取り線香を缶で買うことがありますね。
そのフタをひっくり返せば、平置きタイプの蚊遣り器になります。
そのフタの端に蚊取り線香が当たるようにセットすれば、そこで線香は消火します。
この方法ならば、何の小道具も必要ありません。

なお、即、消火したい時は、燃え先にボールペンのキャップを押し込めば数秒で鎮火します。
ニッパで切り落とすと火先が転がり落ちて慌てます。
水でぬらすと次回使うときに湿っていたら不便。
でも、自動消火器を火先の直近にセットすれば、数分で消火します。

蚊取り線香は基本的に蚊を殺すというよりも、蚊を追い払うのが役目です。
蚊取り線香を使う場所は、屋外か、網戸のある窓際が原則です。

人間だっていぶされますからね。
締め切った室内で使うのは本来、NGです。

じゃー、室内はどうするの?――そりゃー、蚊帳ですよ、カヤ。
ところが現代社会では蚊帳はほぼ絶滅。
TVで宣伝している化学薬品系商品を上手に使う、最小限の利用が良いでしょう。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント