★むかし、日本に軍隊があったころ(2)――エムリー事件

鎮魂碑
  長柄町榎本、長栄寺にある慰霊碑

東京大空襲が1945年の3月10日深夜にあり、下町が全焼し、おびただしい数の犠牲者がでたことは、ここ房総でも知れ渡っていました。
それからも連日のごとくB29爆撃機が東から西へ飛ぶのが目撃され、その帰還途中の駄賃のごとく余った爆弾を房総に投下しておりました。

同年5月26日の真夜中、午前1時30分頃、長生郡日吉村(現・長柄町)の住民は突然の爆発音に飛び起こされました。長栄寺付近の田んぼにB29が墜落したのです。
B29は当時世界最大の爆撃機。全長30m、両翼の長さ42m、自重32tの爆撃機が地面に激突したのですから、落雷なんてものではないでしょう。
破片は飛び散り、周囲は燃料のにおいが立ち込め、すさまじい光景だったろうと思います。

搭乗員11人の内、4人は機内で死亡。2人は瀕死の重傷でした。パラシュート脱出降下した5人はやがて各所で捕虜となりました。

5人の捕虜は茂原憲兵隊を経て東京憲兵隊に送られ、重傷の2人は第147師団426連隊第1大隊第1挺身中隊が駐屯する近くの長栄寺に運ばれました。

その中の1人はまもなく死亡し、虫の息で苦しんでいたダーウィン T エムリー(Darwin T. EMRY)少尉を診断した大隊附軍医と憲兵隊長は、この重傷ではどのような手当を加えても助かる見込は無いと告げて去りました。
その処置を一任された中隊長の満淵(ミツブチ)正明大尉はその時、指揮班長・境野鷹義曹長の建言に基き、「いたずらに苦しむよりは楽にしてやれ」という命令を下します。

後に捕虜虐待・殺人罪に問われた大尉は、助かる見込みがないときは日本では昔から武士の情けとして、苦しみを断つためにとどめをさす――いわば安楽死。人道的な処置であると主張しました。

横浜で行われたこのB級戦犯裁判は「武士道裁判」として注目を浴びますが、結果は有罪。満淵大尉は巣鴨で絞首刑となりました。
大尉は裁判の中でやましいことは一切ないと主張し、この件の責任はすべて自分にあるとして部下をかばいました。

しかし、有罪の決め手になったのはエムリー少尉の殺害方法にあったようです。
体を起こすこともできない重傷の少尉を引きずって裏の竹に縛り付け、100人以上の村人が見守る中、部下の境野鷹義曹長の手により斬首されました。村人からは歓声があがったそうです。

その遺体は、菊池重太郎中尉の指揮の下、初年兵の刺突演習の材料となりました。
度胸を定めると称して人殺しの予行練習でした。
敵の将校に対して、死者に鞭打つ行為でした。遺体損壊罪でもあります。
おそらく、戦死した日本軍将兵や空襲の被災者などを思い、鬼畜米英に対する復讐・仇討ちの心境だったのでしょう。

ズタズタになった遺体は他の5人の遺体とともに長栄寺裏の墓地に埋葬されました。
敗戦後、米軍の手でB29撃墜の顛末が調べられ、捕虜斬首の事実が発覚します。

満淵大尉が先に述べたように絞首刑(1946.09.06執行、享年32歳)のほか、実行者の境野鷹義曹長はMPの手を逃れて逃亡するも後に自首し、無期懲役判決。菊池重太郎中尉は懲役25年。
刺突演習に関わった下級兵士6人は懲役1〜2年となり決着します。

後日、戦犯解除、減刑となった境野曹長は2度ほど寺を訪れ、「お世話になりました」と礼を述べていましたが、1982年に亡くなり、妻が位牌を納めに来たといいます。

長栄寺の大橋住職はこの事件に心を痛め、1996年にエムリー少尉と満淵大尉を弔う鎮魂碑(画像のように日本文・英文併記)を建立し、毎年法要を営んできました。

碑にはこう刻まれています——「大東亜戦争終戦の年、昭和20年5月25日、B29が日吉村榎本地区に墜落。搭乗員11名の内エムリー少尉が日本駐屯兵のなかの境野鷹義曹長により斬首され、その後満淵中隊長が全責任を負い巣鴨にて絞首刑となり、すでに50年。ダーウィンTエムリー少尉と満淵中隊長の鎮魂と世界平和を祈念し、茲に碑を建立す。平成8年5月25日 天台宗福壽山長栄寺第三十八世 権大僧正 大橋慈恒」。

大橋住職は何年か前に亡くなり、寺は今は無住になっていますが、境内はきれいに清掃されていました。鎮魂碑の前には缶ビールが手向けられていました。


鎮魂碑が建立されたその1996年に、横浜大空襲の被災者で語り部の小野静枝さんは作家の早乙女勝元氏、横浜市立大学名誉教授の今井清氏らとともに世界平和のために来日したブルース・A・ヤングクラス氏と座談会を行いました。

氏は1945年5月29日の横浜大空襲のB29の搭乗員、階級は軍曹でした。
ヤングクラス氏の乗機は横浜上空で高射砲を被弾して操縦不能となり、乗員全員パラシュートで脱出。氏のパラシュ-トは君津市に降下して捕虜になりました。

その後、久留里警察、木更津海軍を経て大船海軍捕虜収容所へ送られ、終戦を迎えます。
国民全体が飢えに苦しむ中でも戦時国際法に則り、捕虜の命を守った日本人もいたわけです。

小野さんがこの横浜空襲の被害者であることを話すと、ヤングクラス氏は突然嗚咽して言葉にならず、傍らの夫人が小野さんの手を握りしめて「ごめんなさい、ごめんなさい」と謝ったそうです。

その後ヤングクラス氏は、誘われて長柄町の長栄寺を訪れ、この碑に対面しました。
氏は大橋住職の志に感謝しつつ、エムリー少尉の位牌を握りしめて涙したそうです。

思えば敵味方とはいえ、個人的には互いに殺し殺される理由などありません。
それなのに戦時中はまるで熱病に冒されたように、殺せ・殺せと叫び、たくさん殺せば勲章がもらえる時代でした。

熱病が冷めてみれば、自分の犯した罪の大きさを自覚する人々は日米を問わずにいるのだ、ということが人類の良心を示しています。

今年もまだ世界中で紛争が続いています。砲撃が続き空襲があり、そして自爆テロ。
その戦場に自衛隊がしゃしゃり出る法律が通過しました。
だからこそ今は、戦争はやめろ、人を殺すなと大きな声で叫ぶ時期のようです。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント