★コアジサシがやってきた

コアジサシコアジサシ2
     望遠でも画像は厳しい         こんな鳥です(Wikiより画像拝借)

野鳥のコアジサシは夏の渡り鳥です。
ツバメより1か月遅れでいすみ市に来訪し、夷隅川河口の広大な砂礫地に巣を作り繁殖しているようです。
子育てを邪魔するといけないので、まだ巣を見つけには出かけていません。

千葉県レッドデータブックでは最重要保護生物(A)に指定されています。
絶滅が危惧されるのは、巣を営む海岸付近の荒れ地――砂礫地そのものが埋め立てで減少していること、自然な海岸も海水浴客や観光客が押し寄せ、安心して子育てできる環境が激減しているからだといいます。

コアジサシという名前は小さなアジサシという意味で、アジサシとは海中の鯵(アジ)をダイビングして捕らえる食餌行動から 鯵刺し と名付けられました。
体の大きさはハト程度。ハトより翼は長く、全体的にスマートです。

何有荘前の大正堰に数日前から白い小さな鳥が飛来してグルグルとかなりの速さで巡っており、時折、水面に急降下で飛び込んで、すぐ舞い上がります。
獲物獲得に失敗するとまたグルグル飛び回り、成功すると海岸方面に飛び去るのは子育て中なのかもしれません。
大正堰は淡水なのでアジはいません。フナかなんかを捕まえているのでしょう。

野鳥の会の知人に確認したら、それはコアジサシだと即答されました。
水面を埋め尽くしていたカモ類は故郷に飛び立ち、今は定住しているカルガモだけとなり寂しなりましたが、コアジサシが来たので、また水面を見るのが楽しみになりました。

時には黒い小鳥――ツバメが飛んでくるので白と黒の競演となります。
定住しているサギ類は白、大型の野鳥はアオサギ。
朝から騒いでいるのはコジュケイとホトトギス。ウグイスだってまだまだ健在。
芦原で大騒ぎしているのはオオヨシキリ。
ノソノソ歩いているのはキジ。
野鳥が元気になる季節になりました。

海があり川があり、ため池の多いいすみ市。
山があり畑があり田んぼがあり、そして耕作放棄地が広がるいすみ市は野鳥にとって住みやすい地域です。

最近は無農薬・有機肥料の田んぼも増え、たぶん野田市からでしょう、コウノトリも飛来しました。←わたしはまだ出会っていませんが、知人が二度、画像に収めました。

豊かな自然環境は人間にとっても暮らしやすいというか、心豊かになる環境です。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント