★これがアジサイの花

アジサイ

      小さな粒々が本当の花。オシベ・メシベが確認できます。

アジサイの季節になりました。
市内どこを車で走ってもアジサイが綺麗に咲きそろっている景色が見られます。
梅雨時の花と言ったらまずアジサイが思い浮かびますね。

わたしたちがアジサイの花、または花びらだと思っているのは実は花びらではありません。
4枚の花びらは本当は4枚の萼(ガク)だというのが植物学的に正しい。
本当の花ではないので装飾花といいます。

では本当の花は?というと4枚のガクの中央にある小さな粒。
ホンアジサイ(西洋アジサイ)は、装飾花だらけなので、4枚のガクの中央にある小さな粒は退化してもう咲かない場合が多い。
装飾花をかき分けかき分け、下の方を探すと粒のような本当の花に出会えます。

本当の花だから種もできます。
もっとも挿し木で増えるので、種から育てる人はめったにいません。
ガクアジサイの場合、画像のように中央にまとまってある小さな粒々が花開きます。

梅雨空の下、アジサイの花にはカタツムリが良く似合いますが、カタツムリはアジサイの葉は食べません。
毒を持つから、植物の葉ならなんでも食べるヤギさんもアジサイは食べないそうです。

葉には青酸様物質が含まれ、以前、刺身のツマとしてアジサイの葉を敷いて出した人がいて、食中毒事件が起きました。
ただし、アジサイの花には毒がないそうです。

毒があるせいでしょうか、アジサイの別名として幽霊花があります。
昔は今日ほどみんなから好かれる花ではなかったようです。

英語でハイドランジア(水の器 hydrangea )と名付けられるほど、水を欲します。
切り花にすると、1時間もしない内にしおれてしまいます。
しかし、逆さにして吊り下げればドライにして保存することは可能です。

ハイドランジアの最初の部分をギリシャ語風に読めばヒドラ。
ギリシャ神話に登場する不死身の邪悪な化け物、水蛇です。
アジサイには毒があるから不気味な名前を付けられたのでしょうか。
秋になり、もう花もすっかり枯れたのにアジサイの花は散りません。
それで不死身のヒドラにちなんだ名前になったのかもしれません。

水に親しく猛毒があって不死身と来れば、そりゃヒドラですから、
日本で昔、幽霊花といって嫌われたことに一脈通じる点があるのでしょう。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント