★ドクダミローションは効果抜群

ドクダミローション
      乾燥させてからローション作業

庭のドクダミは駆除するのに苦労する雑草ですが、発想を変え、ドクダミローションの原材料が勝手に生えてきたと喜びましょう。

ドクダミローションって本当に美白効果があるの? シミ・ソバカスが消えるって本当?
それは本当です。
でも、そう宣伝して販売すると法令に違反するようです。統計的にその効果を証明せねばなりません。
個人的に作成・使用する分には個人の責任ですから、何ら違法性はありません。

ツレアイがドクダミローションを使い始めてからとても気に入っています。
シミ・ソバカスが目立たなくなり、肌の白さをほめられたこともあったそうです。

肌に全般に効果があるようで、ニキビ、湿疹、アトピー、アセモ、水虫、乾燥肌などにも効いたという報告があります。
半信半疑だった知人も今では何人もファンになっています。
風呂上りや寝る前に使うと良いと思います。

ドクダミとは 毒を矯(タメ)るが語源で、矯るとは 正す というような意味です。
毒気に当たった体を矯正する働きがある薬草として、昔から有名な薬草です。

摘んだ時の不快な臭いが嫌われる原因ですが、乾かしてしまえば気にならない。
ましてローションにしてしまえば、それがドクダミ由来だと気づく人はいません。

 ドクダミローションの作り方

  1.ドクダミを根ごと引き抜き、下部は切り捨てる。
  2.洗って数本ずつまとめて陰干し。水気がなくなれば良い。水気が残るとかびる。
  3.ガラス製の保存瓶に葉だけをぎゅうぎゅう詰める。茎は捨てる。
  4.ホワイトリカー(35°)をひたひたに詰める。
  5.冷暗所で最低3か月ぐらい置く。1年寝かせるともっと良い。
  6.濾して空き瓶に入れて保存する。
  7.使うときにグリセリンを少々加えると、保湿によい。

グリセリンは薬局で売っています。
使わなくとも構いませんが、使った方が使い心地が良いと思います。
肌が弱い人は、等量の水で割って下さい。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント