★りんごバターなんてあるんですね

リンゴバター
      ブレンダ―をかける前のリンゴバター

新聞にりんごバターの宣伝が載っていました。
そのままでは出荷できないリンゴをジャムに加工して商品にするのはよくある話。
でも、りんごバター とはね。よく考えたものです。

で、作り方はどんなものか。最近は何でもグーグルさんに聞けば載っています。
それを少しアレンジして作ってみました。

<材料> ①りんご  1個(紅玉やジョナゴールドなど酸味があるのがジャム向き)
       ②バター 30g      ③砂糖 50g
       ④レモン汁 半個分

<作り方>
1.りんごジャムの下ごしらえ
  ・りんごの皮をむき、小さく切ったら塩水につけておきます。
  ・りんごをザルにあけてよく水を切り。
  ・耐熱ボウルにりんごを入れ、レモン汁を振りかけラップをしてレンジ600wで7分位

2.鍋に移してジャムにする
  ・柔らかくなったりんごと出た水分を丸ごと鍋へ移して火にかけます。
  ・りんごが少し透きとおったら砂糖を入れ、弱火で15分ほど煮詰めます。

3.バタージャムにする
   ・バターを鍋に入れ、十分に溶かし混ぜれば出来上がり
   ・消毒した保存瓶に入れて冷蔵庫保管。―――それが画像です。

いつもジャムは原材料がわかるように、ある程度、形を残して仕上げています。
しかし、今回はこれでは具合が悪かった。
煮詰める程度があまく、水分が多かったので冷蔵庫保管でバターがバターとして固まってしまいました。

4.ブレンダーでなめらかになるまでしっかり混ぜて、ようやく完成。良い出来です。

ジャムにする際、しっかりジャムの固形態をマッシャーを使うなどして煮崩しておくか
バターが溶けた時点でブレンダ―で攪拌しておけば、二度手間にならずに済みました。

もちろん 皮付きりんごのジャムにしても良いし、ナツメッグなどの香料を加えてもしゃれています。その辺はお好みです。
参照したレシピより、バター、砂糖の量を少なくしてあります。

トーストにりんごバターは手軽でおいしく楽しめます。
でも、手間暇を考えれば、バターとジャムをそれぞれ塗れば良いのではと思います。
それぞれ量を自分で加減できますし。

今回は試作品。たぶんりんごバター作りはこれが最後でしょう。


  

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント