★収穫した玉ねぎのくくり方

12.jpg
    ① 80cmぐらいの紐を二つ折にし  ②玉ねぎを2~4個並べる
3.jpg4.jpg
   ③ 左端を右の輪に通し  ④ ギュッと絞める
5_201605091937526bf.jpg6.jpg
   ⑤ 端を下に回して玉ねぎの間を通し  ⑥ギュッと持ち上げれば出来上がり

端をまとめて、そのまま軒先の物干し竿などにぶら下げても良いし
二組をまとめて 物干し竿に振り分けで ぶら下げてもよいでしょう。

この方法だと 玉ねぎの茎がしおれてきても 玉ねぎの重さで紐が自然に締まって都合が良い。
わたしは画像のように3個ずつまとめましたが、
玉ねぎの数が多くても 下に回して引き上げる回数は1回で良いようです。

地元農家の方に教わりました。
さすがプロですね。簡便で感心します。
こんなふうにして玉ねぎを軒先にぶら下げていると なんとなくカッコイイ。

********

★チーズ屋さんの生乳
       ミルク

先日、いラ研(いすみライフスタイル研究所)の元職員、Tさんが訪ねてきました。
この近くに友人がご家族で引っ越ししてきたので ついでに寄ったとのことです。
以前、お世話になったので、いろいろ話がはずみました。

友人はサーフ仲間だそうで、いすみ市に移住する若い人はサーファーが多い。
コンビニに停まっている車のナンバーが 1173 イイナミ ならばサーファーです。

そのTさんから おすそ分けでいただいたのが画像の生乳。
チーズ工房さんは当然のことながら牛を育て、牛乳を搾ります。
しかし その生乳を牛乳として販売するのには うるさい規制がいろいろあると聞いています。

Tさんがどのような経過で生乳を入手したかは問いませんでしたが
今、某チーズ工房さんの生乳があるからどうぞ というので喜んでもらい受けました。
好きなだけ、といいますので 1.5リットル程度もらいました。
(画像は一部飲んじゃってから あわてて撮影)

煮沸消毒してから飲んでくださいね ということした。
なんか、やっぱりオイシイですねぇ。
よく知っているチーズ工房さんの生乳ですし、Tさんが分けてくれた生乳だからか
いや、やっぱり新鮮だからオイシイのでしょう。

いすみ市はおいしい野菜・果物の産地です。新鮮な魚介類に恵まれています。
そして今回は素敵なミルクを入手できました。
いい地域に移住したと今さらながらに感激しています。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント