★プレゼント、ことも用の布草履

布草履
          左:大人用24.0cm 右:女の子用 14cm 13cm 12cm

里山仲間のOさんから、女の子用の布草履を作ってくれと頼まれました。
どうやら、お孫さんへのプレゼントらしい。
サイズを聞いて、作ってみたのが上記画像。

大人サイズの1/2なので、面積比は1/3~1/4。
まるで お人形さん用の草履みたいで 実にかわいらしい。
Oさんは一目で気に入ってくれました。
お孫さんがはしゃぐ姿が目に浮かぶのでしょう。
お孫さんが愛用してくれると嬉しく思います。

世間ではゴールデンウィークももう終わりだと言っていますが、こちとらはいつでもゴールデンウィーク。
世間様が皆出かけているときは、道路が混むので遠出はしないで庭仕事。

ゴールデンウィークのころといえば【八十八夜の別れ霜】
このころになって降りる季節外れの霜のことです。
移動性高気圧に覆われて良く晴れた早朝、放射冷却によって地表が冷やされ降霜します。

名残りの霜、忘れ霜などともいうそうです。
しかし、八十八夜から一週間も過ぎれば、暦の上ではもう夏。
最低気温が10℃を下回ることはなくなります。

熱帯性のハーブであるレモングラスは10℃以下だとダメージを受けやすいので
ゴールデンウィークになってから、越冬用の囲いをはずします。
思い返せば、地植えのレモングラスに冬用の囲いをしたのは11月下旬。
だから 丸まる5か月間も冬用囲いの中で育ちました。

    レモングラス

周辺部は寒さで枯れましたが、中央部分は緑を保ったまま越冬できました。
地植えが4株、鉢揚げ室内保管が1株、いずれも越冬できました。
ただ、越冬した葉はいくら緑色でも、香りがあまりありません。
越冬にエネルギーを使い切っちゃうからでしょうか。

5月下旬~6月上旬に葉を一度切りそろえてショックを与えると、夏の暑さでぐんぐんと葉を伸ばす―――だろうと思っています。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント