★庭のシャガ

シャガ
     よく見ると非常に繊細で、技巧に満ちた花である

アヤメやカキツバタの仲間で、彼らより一足早く咲く。
学名は Iris japonica アイリス ジャポニカ 。
アイリスはもともとは虹の意味であり、瞳の光彩もまたアイリスといいます。

植物ではアヤメやカキツバタの仲間をアイリスといいます。
アイリスの仲間では最近は外来の各種ジャーマンアイリスが人気のようですね。

シャガという言葉は和語っぽくありません。
古い時代に中国から渡来し、そのころ図鑑なんてありませんから、
この花の名前は?と混乱し、ヒオウギを中国では射干といったそうですが、それと混同してシャガと名付けられたようです。
ところがその後、射干はヒオウギだということがバレると、まったくの当て字で 著莪と表記するようになったのだと思います。

いずれにせよ音読みであり、和名はありません。
和名はなくとも十分に日本的な花だと思います。
どちらかというと日陰を好む控えめな花なので和風な印象があるのでしょうか。

この近くでは桑田の前玉(サキタマ)神社に大群落となって咲いており、日陰であるにもかかわらず、そこだけ明るくなったような雰囲気があります。
群落になるのは地を這う茎で増えるので、周囲に広がるからです。

根が浅いため、時々踏み倒されたりして地表に転がっていることがあります。
そんな個体を救出し、どこかに植え直せば再び復活する強靭さがあります。
何有荘のシャガもそのような個体を植えたら増えてしまったものです。

冬でも枯れない常緑の植物ですが、葉は時々更新されます。
つまり、一部の葉は常緑の葉に交じって枯れます。
するとやはり見苦しい。
庭の花にするよりも山野の花で鑑賞するほうが似合います。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント