★オイシイぞ、タカノハダイ 料理二種

タカッパ
        鷹羽鯛  通称 タカッパ

タカノハダイは画像のように 鷹の羽を斜めに並べたような模様になっています。
武家の紋章には✖印の≪違い鷹の羽≫や 2枚並べた≪揃い鷹の羽≫がありますから、
鷹羽鯛の名を持つタカノハダイはさぞ高級魚かと思いきや、釣り人の間では評判がよくないようです。

地元でも≪タカッパ≫とさげすまれています。
調べてみると、釣ってもすぐ捨てちゃうとか、口に含むと小便臭いとか。

別名が≪ムコナカセ≫→婿に食べさせるのは商品にならないタカッパばかり とか ≪ネコマタギ≫→猫も食わない など散々な評判です。
でもその評価は正当でしょうか?

今回、大原のイセエビ漁師の拓さんに、お客さんが来るからとイセエビと網にかかった魚を注文しました。
イセエビはまだ季節ではないのにわざわざ網を仕掛けてくれ、ついでに大きな真鯛も提供されました。おまけに、と言ってタカノハダイもつけてくれました。

以前、この魚を食べたとき、オイシイな と思った時とチョットな と思った時がありました。
おそらく、味の個体差が激しい魚なのでしょう。

工業製品でも不良品が少しでも混じっていると あの会社はダメだとの烙印を押されるように 一度食べたタカノハダイがダメだったとき、タカッパなんぞ食えたものではない という評判が流布されたものでしょう。

カルパッチョ
タカノダイは皮(ウロコ)がたいへん固いので3枚におろすのは苦労しました。
苦労して刺身にし、オリーブオイルと醤油をたらり。自家製バジルの粉をかけてお出ししました。
これは文句なしの一品でした。おいしかったですヨ。世評はアテになりません。

boroyaki.jpg
皮(ウロコ)の処理が大変なので焼き切ってしまうのが良いと聞いて、ガスバーナーで表面を焼き、仕上げは電子レンジでチン。
付属のロースターの方が良かったかもしれません。ちょっとパサパサになりました。

煮たり焼いたりすれば独特の磯臭さはなくなると聞きましたが、これは内臓に近い部分に臭みが少し残りました。
調理法の問題ではなく、採れた時期や場所の問題ではなく、やはり個体差が激しいのではないかと今は思っています。

拓さんは、「これ、食べてよ」 といって、自家製のユデダコを持たせてくれました。
お客さんは実は神奈川県小田原漁港のタコの仲卸しさんの家族だったのですが、こんなおいしいタコは初めてだと感激してくれました。
味のわかる人に食べてもらい、ほめてもらえるのはうれしいことです。
                      漁師工房 拓(フェイスブック)はこちら→●


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント