★トマトの丸ごとスープ

トマトスープ
           産直店で買った新鮮で質の良いトマトが決め手

久しぶりに大多喜の蔵精(クラショウ)さんで昼食をとりました。
オーガニックな自然食品の料理店で、いつ来てもおいしいなぁと満足します。

そこで出されたトマトの丸ごとスープにびっくりしました。
こういうトマトの食べ方もあるのですか。さっそく真似してみました。

蔵精さんのお椀は新ワカメと一緒でしたが、今回は菜花を添えました。
トマトはヘタを取り、十字に切れ込みを入れて熱湯に通して湯むきします。
トマトをだし汁で煮ます。弱火で10分。

コンソメ味ならば洋風。今回はカツオ昆布出汁で和風にしました。
和風だから添え物は菜花。
洋風ならばバジルなんかが良いと思います。
何にせよ、冷蔵庫にあるものが使えれば一番良いに決まっています。

トマトと菜花は ごじゃ箱 という産直店で購入したものです。
いすみ市はトマト産地としても有名で、特に新鮮で質の高いトマトを生産農家さんが出品しているので助かります。
柔らかくてもグズグズではなく、コクがあっておいしいので、トマト嫌いの人でもおそらくトマトを好きになってしまう--そんなトマトです。 

泊りがけでお客さんが来たときは、夕食は和風。
朝食はパンで、いつもはオニオンスープを出していましたが、来月末に来るお客さんには
このトマト丸ごとスープを出すことにしましょう。
きっと喜ばれると思います。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント