★太東埼灯台、河津桜

河津さくら
    満開の木もあるが、来週が見ごろでしょう

三寒四温が春の気候。
暖かさと寒さがせめぎあい、行きつ戻りつ、しかし暖かさが優勢なので、しだいに春爛漫となります。

気温だけではなく、晴れ、曇り、雨も日ごとに変わります。
風も日ごとに変わります。強かったり無風だったり、北風だったり南風だったりと。
落ち着かない天気ですが、それが春の特徴といえば特徴です。

もう春だと一番実感するのは日の光でしょうか。
元旦と比べると朝日は30分ほど早くなり、夕日は1時間近く遅くなりました。

気温の上昇と日照時間が延びることでカエルが目覚めます。
日本赤蛙が産卵したと知人から報告がありました。
梅の花が咲き、河津桜が咲きました。

梅祭りや河津桜祭りがおこなわれる 「名所」 と言われる場所ではすごい人出でにぎわっているようですが、花を見に行ったのか、人を見に行ったのかわからない。

太東埼灯台への坂道に河津桜の苗木が植えられたのは10年ほど前。
か細い苗木で育つのかと心配でしたが、8割がたは丈夫に育ちました。
老木の風情はありませんが、それなりに見頃です。

灯台に来る観光客は自動車でスッと上がってしまうので、河津桜を愛でる暇もないでしょうね。
桜に限らず、花を楽しむのは散歩が一番良いと思います。
足元にはホトケノザやイヌノフグリが咲いているのにも気がつきます。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント