★2月4日は春立つ日

紅梅
白梅
      ご近所で見かけた紅梅・白梅

今日は立春。寒さのどん底。
どん底を過ぎれば、寒さは行きつ戻りつ、まだまだ春は名のみとはいえ、潮目は変わって暖かい日々が確実に増えることでしょう。
もっとも関東地方の降雪は、南岸低気圧のせいで立春を過ぎてからの方が多い。

早朝、新聞を取りに行くと東の空に寒々と鋭い下弦の月が見えました。
下弦の月は日ごとに細くなり、日ごとに月の出が遅くなります。
そして月の出と日の出の時刻がほぼ等しくなれば、もう月の姿は見えません。
それが新月。旧暦の一日(ツイタチ)です。

立春を過ぎた最初の新月の日が旧暦の元旦、今年は2月の8日になります。
中国では春節といい、連休となるので、日本にまた爆買客が来るかと期待されています。

この日が祝祭日・休日になるのは中国だけではありません。
台湾、韓国、ベトナム、シンガポール、マレーシアなど中国文化圏の国、華僑が多い国も旧正月は特別な日で祝祭日、休日です。
旧正月が祝日ではない国は、東アジアでは日本ぐらいでしょうか。

その代わり、節分の日が昨今、恵方巻の日として異常に盛り上がってきました。
スーパーにはずらりと恵方巻が並んで壮観です。
鬼は外、福は内 ではたいした経済効果は見込めませんが、豪華な恵方巻が普及すれば莫大な経済効果があります。
宣伝に惑わされ、昨日はつい少々の海苔巻きを買ってしまいました。

さて、東京では梅が例年より2~3週間早く見ごろを迎えたと報道されていました。
いすみ市では画像のように、ようやく一部地域で梅が咲き始めました。
新年が春から始まるとすれば、新春の花は梅が一番ふさわしい。

学問の神様、道真公が愛したのも梅の花でした。
入試で頑張っている皆さん、
良い知らせが梅の香りとともに届くようにと願っています。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント