★まだ12月なのに、もう菜の花が

菜の花
     もう満開という風情です

菜の花といえば春を代表する花です。
ところが いすみ市では何か所か もう菜の花が咲いています。

折しもCOP21、地球温暖化対策のパリ会議が開かれていますから 思わず地球温暖化の影響か と考えてしまいます。
あるいは 狂い咲き とでもいうのでしょうか。

しかし冷静に考えてみれば 何か所でそろって咲いているのは おかしい。

地球温暖化でも 狂い咲きでもなく
“寒咲き菜の花” という種類の菜の花ではないかと 思われます。
品種改良がすすみ、路地でも 9月播き・12月開花の寒咲き菜の花が 栽培されるようになりました。

一足早く春の気分を味わえる寒咲き菜の花ですが ちょっと早すぎる気がします。
冬至はまだだし、寒の入りは1月になってから。

これからますます寒くなるのに菜の花じゃ 菜の花がかわいそう。
たぶん お正月用切り花として栽培されているのではないかと思います。

さて、こちらの画像は 正真正銘の季節を間違えた花。
芝桜 スミレ
          芝桜                 たちつぼスミレ

おいおい、ちょっと気が早いんじゃないの と呼びかけたくなりますが、
たしかに春の花が咲くと 気分は少し暖まります。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント