★寒さにはスイセンが似合う

水仙

急に寒くなりました。
みぞれでも降りそうなどんよりとした厚い雲に覆われています。
こうなるともうすぐ師走だ、正月が近いとせかされる気がしてきます。

画像は散歩道の日本水仙。
水仙は正月用の切り花と思っていたら、こちらでは11月中旬から咲き始めます。
下旬にもなるとだいぶ咲きそろい、12月~1月に満開になります。

けっこう増えるので、人によっては庭の水仙を整理して、道路の端にポイッ。
路肩のポイ捨て水仙が翌年には花咲き、散歩道を彩ります。
そういうポイ捨ては歓迎です。

日本水仙という名がついているものの、「水仙」 とはそもそも中国語。
鎌倉時代ごろ、禅僧が日本に持ちこみ全国に広がったとか。
それゆえ「スイセン」と音読みのまま定着し、和語の名前はありません。

学名は Narcissus tazetta var. chinensis
学名でも日本 japan の文字はなく、chinensis 支那(中国)の、と表記されています。
この点でも、「日本水仙」 は中国からの直輸入だということがわかります。

水仙とは水辺の仙人という意味ですから、水仙の原産地ヨーロッパに伝わる伝説が、
シルクロードを通じて水仙と共に中国に渡ってきたのだろうと推測できます。

学名の最初の単語、Narcissus ナルキッソス はギリシャ神話に出てくる美少年。
森の中の湖、その水面に映る自分の顔に惚れこんでしまった男のことです。
自分の姿に恋いこがれ、憔悴しきってしまい、ついに命を失ってしまいます。
ナルキッソスが亡くなったその水辺にひっそりと咲いた美しい花はナルキッソスと名付けられました。

つまり ナルキッソスの化身とされる花を中国では 「水仙」 と名付けたわけです。

ナルキッソスは自分に惚れて陶酔している人物をナルシストという語源でもあります。
麻薬 (narcotic drug) も narc- の部分がナルキッソスに由来しています。

葉も球根もそして花にも毒があり、毎年のように食中毒者が出ます。
ニラの葉とカン違いしたそうですが、ニラには独特の臭いがあるからその違いに気づきそうなものなのに、食い意地が張っていたり、思い込んでいるとダメなんでしょうネェ。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます