夏の野草料理・スベリヒユ四種

  
        庭のスベリヒユと生サラダ

スベリヒユは畑や花壇には必ず生えてくる「雑草」で、その根絶に苦労している人も多いらしい。ポーチュラカの原種だそうでよく似ています。
ポーチュラカの和名はハナスベリヒユ。これじゃぁ雑草と間違われて売れませんからネ。訳の分からぬカタカナの名前で売り出しているのでしょう。

スベリヒユを捨ててしまうのはモッタイナイ。食べてみることをお勧めします。
ギリシャやトルコのように夏場に雨の少ない地方では貴重な「野菜」。
生、炒め物、煮物に利用されているようです。
その栄養価は“ビタミンB、マグネシウム、鉄分が豊富で、 コレステロール値や高血圧を抑え、美容効果も期待される”のだそうです。

◆スベリヒユの食べ方・レシピを紹介しましょう。
    前処理=根を切り落とし、よく水洗いしてゴミや土を落とす。
①お浸し
 ・沸騰した湯にサッと浸し、冷水で締め、水気を切って適当な巾で切る。
 ・削り節をかけ、醤油を垂らして出来上がり。
  ※辛子醤油、酢醤油、酢味噌、ゴマ和えも良さそうです。

②生サラダ
 ・適当な巾にザク切りし、好みのドレッシングで和える。
 ・カットしたトマトやその他トッピングを載せれば出来上がり。
  ※画像右はゴマだれドレッシングにミニトマト。黄色いトッピングはマツヨイグサの花の三杯酢。(サッとゆでて三杯酢に浸したもの)
  ※生をたくさん食べると下痢をすると書いてあるサイトがありますが、本当だろうか。かの国ではバクバク食べているのに…。

③ポークソテー炒め物
 ・ポークとスベリヒユに塩胡椒をして味をなじませる。
 ・ポークをソテーし、仕上げの直前にスベリヒユを大量に加えて強火で炒める。
   ※ブタの細切れ+野菜炒めの時に加えるのも良さそうです。

④みそ汁の具
 ・いつものようにみそ汁を作る。
 ・最後に適当な巾に切ったスベリヒユを加えてできあがり。
   ※煮すぎても問題ないけれど、色が悪くなる。
   ※ギリシャでは羊の煮込み料理などに色が悪くなることなど気にしないで使っています。

要するにホウレンソウやクレソンと同じように使えば良いのです。
スベリヒユはつぶしたり、火を通すとヌメリが出て独特の食感になります。生だとやや酸味があります。個人的には「生」が好きですネ。簡単だし…。

野草はアク・エグミをどう取るのかが問題ですが、スベリヒユはその必要のない素直な「野菜」です。夏の野草料理・摘み草料理の素材としてピカイチ。
試食して損はありません。お客様料理にも使えます。
アッ、もちろんワンコちゃんの通り道にあるスベリヒユは使わない方が良いでしょう。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

そうですか。売っているんですネェ。東北は意外な食べ物が食卓に載ります。南の方も「食べられない」ものを食べているそうです。つまり都会では食べ物の範囲が狭くてワンパターン。常識を破ってみると生活の幅が広がります。プーやん、情報ありがとうございます。 

県民○○というみのりかわさんがやっている番組で山形では野菜だそうです。スーパーで販売しているらしいですよ。