★電子レンジで簡単、イチジクジャム作り

イチジクジャム1イチジクジャム2
  イチジクをぶつ切りにし、煮込んでビン詰め

ジャムにするには完熟イチジクが良いでしょう。
五平山農園さんのイチジクがお気に入りなので、農園を訪ねて直接購入しました。

車で30分。最近は地元感覚が少し身につき、車で30分? 近いじゃん、隣みたいなもんだよと思うようになりました。
事前に電話連絡しておいたのは言うまでもありません。

1kg購入希望だったのですが、いろいろおしゃべりし、共通の知人がいることが分かったりして、たくさんオマケしてくれました。ありがたいことです。
田舎暮らしの良し悪しは、良い人間関係を作れるかどうかが左右します。
おかげさまで、良い人間関係が循環しています。

さて本題のジャム作り。
難題1。イチジクの皮をむくか、むかないか?
    皮付きの方が栄養価は高いと思います。でも食感、見た目ではむいた方が上質。

難題2.砂糖の量はどれくらい?
    砂糖が多い方が保存性が高い。でもそうすると素材の味は砂糖に隠れがち。

難題3.鍋で煮詰めるか、電子レンジを使うか?
    仕上げに責任を持つなら鍋に付き添って。気楽に作るなら電子レンジ。

では具体的に今回の手順を公開。
 1.イチジクの尻尾を切り落として手で皮をむき
 2.頭の方のしつこい皮はナイフで皮をむき、
 3.むき残った皮の小片は面倒なのでそのまま。気にしない。
 4.皮をむいたイチジク8個で435g、砂糖約80g。完熟なので砂糖は少量が良い。
 5.電子レンジ600wで3分を5回。様子を見てこれで良いと思ったら出来上がり。
 6.途中でレモン果汁半分分を投入しました。

ざく切りしたイチジク(画像左)に砂糖を加えて1時間もすれば水がずいぶん滲みだしてきます。
砂糖添加でイチジクもヨレヨレになるので、加熱は砂糖添加の数時間後が望ましい。
驚くほどイチジクから水分が出るので、なかなか煮詰まらない。
途中でレモン汁を添加したが、添加時期は最初か途中か最後か、良くわかりません。
ちょっとゆるいか程度で火を落とし、煮沸消毒したビンに封入して出来上がりです。
見た目も味もすばらしいイチジクジャムになりました。

定年退職後、することがないと悩む人がいるそうです。
悩むことはありません。
自分好みのジャムを作れば、それだけで少しは周囲から認められ、誉められます。
そんな些細なことでも生きがいになりますヨ。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント