★柿の季節・栗の季節、ひと手間かければ、さらに甘くなる

柿栗
   柿のセミドライフルーツと蒸し栗

★柿のセミドライフルーツ
 5mm幅で切って天日干し、もしくはオーブンかトースターを利用。
完全にドライになる前に取り込めば、セミドライフルーツのできあがり。
加熱した場合は冷えてからお召し上がりください。
生の時と比べると格段に甘くなっているので驚きます。

★栗の糖度は冷蔵庫のチルド室で上がる
  --これは最近、ネットで得た情報。発信源はNHKらしい。
チルドで冷やした栗は糖度が劇的に上がる。3度の栗が10度にもなりスイカ並になる。
冬のホウレン草が甘くなる原理と同じで、栗は冷やすことで糖度が上がるのだとか。

直販店“土楽の里”で地元の大きな栗が販売中。それを購入し、チルドに入れて7日目。
今日、蒸しあげてみました。
オッ 甘い栗だな が率直な印象。この情報は本当でした。
砂糖を加えていないのに、この甘さはうれしい。試した価値があります。

昨年まで、栗は煮てから、包丁で半分に切り、スプーンで食べていました。
今年は圧力鍋で蒸しています。蒸し栗の方がホクホク感があります。

栗は爆発しないように、栗の頭を何か所か、包丁の尻を使って傷つけてから蒸します。
活力鍋ならオモリが振れて1分で消火。すぐ水道水で強制的に温度を下げる。
鬼皮、渋皮がむけやすく、画像のように丸ごと簡単に取り出せるのがうれしいですね。

土鍋を使ってじっくり低温調理にすると、もっとおいしくなるとの情報もあります。
購入した栗の半量はまだチルド。
もう10日もすれば、もっと甘くなっているはずだとか。
おいしい栗を食べるため、まだまだ実験は続きます。
そのレポートはまた後ほど。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント