★いすみ市は柿の季節になりました。

柿
   8個で500円。4Lサイズ、市販価格の半値です。

近くの峰谷営農組合では無農薬のコウノトリ米の実験栽培や柿の生産を行っておりますが
柿の生産にも力を入れ、毎年、柿は組合作業場で格安で入手しています。

この日は組合員の皆さんが作業所で柿の袋詰めをしており、いろいろおしゃべりしながらの作業なので、わたしもおしゃべりに参入。
そして柿を購入すると大まけにまけてくれました。
更に、肌がこすれて黒くなり、商品にならない柿をいくつも添えてくれました。
皮をむいてしまえば中身は変わらないのに、日本の消費者はきびしい。
そのおかげでこちらはトクしました。

こちらに居を移した頃は何でも自給自足したかったけど
最近は「餅は餅屋」、その筋の専門家に任せれば良いと思うようになりました。

だって庭の柿は今年は不作で、大風の翌日に全部落ちてしまいました。
その点、峰谷の柿は大きくて色つやが良い。
地元で柿を購入し、地元に少しでもお金を落とすのも地元貢献でしょう。

明日(10月4日)は柿のもぎ取り体験があるよと言っていました。
   場所はいすみ市神置1266近くの柿園。
   時間は10時~15時で、なくなり次第終了。
   料金は1袋1000円で詰め放題だそうです。
詳しくは峰谷営農組合の片岡さんまで(0470-86-2935)

昨年は食べきれない柿を干し柿にしました。
普通、干し柿は渋柿を使いますが、峰谷の甘い柿でも干し柿になりました。
それはそれは極上の干し柿になり、頬が落ちるような体験をしました。
今年も作ろうと張り切っています。

桜

   太東埼灯台への道で河津桜が咲いています。突然の暖かさで季節を間違えたのでしょう。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント