★十六夜の月。9月28日晩。

満月
 遠い海のはての龍宮城、はるか遠い高山地帯、そして月世界は神仙世界と考えられた

龍宮城に行った浦島太郎は年を取らなかったが、玉手箱を開けて本当の年齢に戻った。
この話の裏返しがかぐや姫で、月世界では年を取らないが、地上で生まれたからあっという間に大人になった---という筋立てになっています。

月の神様をツクヨミ(月読・月夜見)といい、夜の世界を治め、不老不死の薬水「をち水」を所持していると古代人は考えました。

万葉集(巻13-3245)詠み人知らず

天橋も長くもがも  高山も高くもがも 月夜見の持てるをち水 い取り来て 君に奉りて をち得てしかも
反歌(3246)
天なるや 日月のごとく 我が思へる 君が日に異に 老ゆらく惜しも

――天に架ける橋のように長く、高山よりも高く寿命が伸びると言う ツクヨミの持っている「をち水」取ってきてあなたに差し上げたい
日月のように慕ってきたあなたが日ごとに老いていくのを見るのはとても悲しい――

愛する人のために不老不死の薬、若返りの妙薬「をち水」を求めたい人は他にもいて、万葉集・627番、628番、1034番にも載っています。
今も昔も変わらぬ人々の願いです。

「をち水」を手に入れたらどうなるでしょうか。
かぐや姫の育ての父母は姫からの置き土産で入手。
ところが姫のいない人生なんてと二人は思い、帝に献上してしいます。

帝も世をはかなく思い、富士(不死の意)の峰でこの薬を焼却してしまいました。
残念な結末ですが、しかたがありませんね。

月は満ち欠けを繰り返す、つまり衰えて死んでしまったかと思いきや、また復活するのが月なので、月は不老不死、若返りの象徴として考えられてきました。

しかし不老不死はお月様の話。
人間界で秦の始皇帝のような人物が不老不死になったら困ります。
憎まれっ子世に世にはばかるといい、美人薄命と言い、それはとても残念なことですが、それが世の常。

せめて盃に月の影を映して、愛する家族の健康、長命を祈願することにいたしましょう。
今晩は十七夜。立待の月。まだ名月です。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント