★鯛のイタリアンソテー

鯛のソテー
    フライパンで焼いて、勝手に名づけただけです。

鯛1尾などハレの日でなければ買うことはありません。
イセエビ漁師の拓さん(漁師工房 拓)で 網に着いた藻屑除去作業を手伝っていると、鯛が引っ掛かっておりました。
作業者が話し合って獲物を山分けにします。今回は鯛をゲットしてうれしい。

いつも塩焼きじゃ芸がないので、庭のローズマリーを使ってみました。
すると必然的に洋風料理になります。

【味付け】
① ローズマリー2枝  ②塩・胡椒少々  ③エクストラバージンオイル
④レモン果汁

【調理】
① 鯛は、うろこを取ってきれいに洗い、ペーパータオルで水気をとる。
② 火通りが良いように飾り包丁を入れ、塩・コショウ、ローズマリー、オリーブオイルで鯛をしばらくなじませる。
③ フライパンにオリーブオイルを引き、弱火でニンニクの香りが立つまで炒める。
④ ローズマリーも一緒に鯛を焼く。ついでに付け合せの玉ねぎも焼いてみました。
⑤ 両面を香ばしく焼き、レモン果汁を垂らして出来上がり。

ローズマリーの香りがすばらしい一品です。
ピーマンやトマト、イタリアンパセリなどお好みのものを添えても彩り豊かで良いでしょう。

皿に盛ったらあらためてオリーブオイルをかけ回します。
レモン果汁の代りにバルサミコ酢でも良いし、醤油だってけっこう似合います。

早朝の数時間の作業で、豪華な夕食になりました。
こんな料理がイタリアンかどうかは知りません。
せめてその気分でといただきました。
ローズマリーとオリーブオイルがその気にさせてくれる小道具です。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント