★たとえ1/120000でも力になる

        006.jpg
         8/30 国会前 戦争法案反対の人の群れ 画像元➔毎日新聞

今日の集会、どの駅で降りるか、一番近い『国会議事堂前』にしようか、それとも『霞が関』にするか『永田町』にするか、迷った理由は駅を降りてからの混雑具合の予想です。

雨模様だから人出は減り、『国会議事堂前』からでも大丈夫だろうという予想は外れました。
電車を降りてからのホームは人また人の波。ぎっしり詰まってなかなか動かず、地上の出口に到着するのに30分を要しました。

酸欠気味で苦しく、地上近くなったらようやく新鮮な空気が流れ込んで救われました。

地上に出たら出たで、すでに歩道は満員。車道の一部が車両規制されて参加者に供されています。
さて、知った顔はいないか?
集合場所の議員会館前に行けば、と思いましたが、この人の波の中で探すのはほぼ不可能。

中高年の参加者が多い中で、若い参加者が頑張っているのが目立ちます。
『肉球新党 猫の生活が第一』というグループが宣伝しておりました。若い女性たちが掲げていた大きなプラカードとビラにはこう書いてありました。

安倍ニモマケズ
石破ニモマケズ
高村ニモ公明ヤ維新ニモマケヌ
平和ナココロヲモチ
欲ハナク
決シテ諦メズ
イツモ官邸前デ抗議シテヰル

東ニ解釈改憲ガアレバ
行ッテ猫パンチ
西ニ集団的自衛権容認アレバ
行ッテ爪ヲトギ
南ニ米軍基地ガアレバ
行ッテココカラナクナレトイヒ
北ニ領土争ヒヤ紛争ガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ

ヒデリノトキニモ集会ニイキ
デモノトキハオロオロアルキ
デクノボートヨバレ
ホメラレモセズ  
クニモサレズ

サウイフ猫ニ
ワタシハナリタイ
                肉球新党 猫の生活が第一


おなじみの日蓮宗のうちわ太鼓のほかに、少数ながら創価学会の青黄赤の三色旗にも出会いました。
キリスト教系の人はたくさん来ていたようです。
見たことも聞いたこともない仏教系の団体も プラカードを掲げて来ていました。
車いすの人も白杖の人もエスコートされながら来ていました。

当日は国会周辺、七つの地下鉄路線の八か所の下車口が案内されていました。
おそらくどの下車口からも人があふれ出ていたことでしょう。
主催者から参加者12万人と報告があり、参加者は歓声を上げ、拍手をして見知らぬ者どうしで喜び合いました。

その数の多さゆえ
とても画像のメイン会場まではたどり着けず、外務省を横に見ながら引き上げました。
帰りの電車は疲れて寝ました。

警察庁の発表だと国会周辺合わせて参加者は3万だとか。
そんな数を発表すれば、警察が不偏不党の中立ではないことがバレ、警察の信頼性が低下するとは考えないのかしら。

警察は何とかして戦争反対の人々の数を過小評価して宣伝したいのでしょう。
現場にいた人は、3万と12万、どちらの数が実数に近いかを肌で知っています。

そしてわたしたちのような小さな人間も 数集まれば現実の政治を動かす力になるかもしれないという確信と勇気を与えてくれる集会でした。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント