★夏の名残のスイカ

スイカ
          直径10数cmだったが甘くておいしかった

家庭菜園にも手前味噌、親バカというものがあるに違いない。
買ってきたスイカよりもおいしく感じるから不思議です。

苗を買ってきて庭の畑の隅に植えたけれど、雑草に紛れて知らぬうちに実ができていました。
カラスに狙わぬように雑草をかぶせてカモフラージュしておき、先日、収穫して食べました。

コダマスイカですから、小さくて当たり前ですが、それにしても小さい。
植えた場所の土があまり肥えていなかったことと 今年の夏の雨不足によるのでしょう。

苗を植えておけば放置されていても 文句も言わず嘆きもせず 実を結ぶのが植物の持つ力なのでしょう。感心します。
お日様の力にも感謝です。冷夏よりは酷暑の方が適した作物なのでしょう。

台風のせいでここ数日はしのぎやすい日々が続いています。
昼間、海岸に出てみると大荒れで、霧のように波しぶきが散っていました。
夜になると太平洋の荒波の音がここまでとどろいてきます。

先日、ようやく飼育しているスズムシが鳴きました。例年よりも1週間遅れです。
庭の虫も元気よく鳴き始めています。
ツヅレサセコウロギ、エンマコウロギ、オカメコウロギ、そしてカネタタキ。

昨日は立秋から数えて15日、今は“処暑”――暑さが和らぐ頃という意味です。
厳しい暑さは峠を越し、朝夕は涼風が吹き始め、いすみ市では早朝に白い霧がたつことが多くなりました。
虫の音と共に秋の気配を感じます。

新米ができたヨ、と声がかかり、1袋30kgをゲットしてきました。
ついでに某農家さんのブドウ棚で収穫した大きな紫色のブドウも大量にいただきました。
これは 手作りブドウ酒 にして仲間の皆さんに味わってもらう予定です。
たぶんそのつもりで わたしの所にブドウが大量に回ってきたのでしょう

やがて大原町、一宮町、岬町も秋祭りの季節になります。
平和が続くからこそ、秋の収穫と祭りを心の底から楽しめるのじゃありませんか。
月末、30日には友人に誘われて久しぶりに上京。
国会前に行ってきます。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント