★山桃の季節、絶品のジャム作り

ヤマモモ
    500円玉より大きな赤い実がびっしり

江戸時代、いすみ市のヤマモモは江戸に出荷されていたという記録があります。
市内には天然記念物に指定されているヤマモモの大樹もあります。

いつの頃からか、果樹としては栽培されなくなり、「エッ、食べられるの?」 といわれるようになりました。
生食するには少々、ヤニっぽい風味が嫌われる原因でしょう。
ところがジャムにすると、豊かな酸味がある高級ジャムに変身します。

今回は何とか手抜きをしようとして、電子レンジを使ってみました
    【材料】①ヤマモモ720g   ②砂糖250g  ③レモン果汁半個分

 1.ヤマモモの生り口を竹串で取り、薄い塩水で全体をきれいに洗う。
 2.軽く水気を拭き取り、電子レンジ600w4分を2回。水分が出てきた。
 3.ハンドブレンダーを数秒ずつ何回かに分けてかけると、種と実が分離する。
 4.種を摘まみだし、ザルでこすって実をこすげとる。
 5.ホウロウ鍋に移して砂糖を加えて煮込んで水分を飛ばす。
 6.最後にレモンの絞り汁を加えてひと煮立ちさせて出来上がり。

一番最初に電子レンジを使うことで作業時間が短縮し、作業自体がぐっと楽になります。
最後の工程も電子レンジでできますが、突沸(爆発的な沸騰)で困ったことがありました。
それ以来、最後の煮詰める工程は鍋を使うことにしています。

種の身離れが悪いので、毎年ザルでこすのが大変でした。
今年はハンドブレンダーで大助かり。ただし、かけすぎると種が割れてしまい、小片を取り除くのに苦労することになります。ほどほどが大事。

砂糖の量はお好みですが、重量比半分程度が普通でしょうか。
今回はヤマモモの酸味を生かすために1/3程度に抑えました。
今まで作ったヤマモモジャムの中で、一番良い出来だと心密かに満足しています。

種じゃむ1
種の大きさはサクランボの種ぐらい。実離れが悪い。   ビン詰めで冷蔵庫保管。



 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント