★播州小旅行(番外)ポーセラーツ

播州
     世界でたった一つのポーセラーツの食器に播州の和菓子
     コーヒーとレモンバーベナのハーブティー


ポーセラーツとはporcelain ポーセリン=磁器と artsアーツ=工芸品 の合成語。
播州旅行でHさんの丁寧なご指導を受けて作った作品です。

すごく簡単に言うと、まっ白な磁器に好みの色や柄が描かれた特殊なシールを切って貼り付け、高温で焼き上げたものです。
以前、会津旅行で素焼きのカップに筆で絵柄を描き、釉薬をかけてオリジナル作品を作ったことがありますが、絵心がないので、訳の分からない作品になりました。
その点、ポーセラーツはまっ白な磁器を利用し、気に入った絵柄を選んで張り付ければ良いのですから簡単です。
釉薬と違い、見た目で出来上がりが想像でき、しかも想像よりも素敵な作品になりました。

本当は奥が深い技術があるそうですが、まったくの初心者でもそれなりの作品になるのがうれしいですね。
播州旅行の良い思い出になりました。

その後、焼き上がったポーセラーツが届きましたので、播州土産を合わせてみました。

左側は醤油饅頭。播州龍野の名産品。
うす口醤油を外生地に練り込んみ、その醤油のほのかな味と香りが特徴で、こし餡との 調和がすばらしい。口に含むとホロリと崩れるのも上品です。

右側は笹の葉に包まれた麩饅頭。
本来は京都発祥の饅頭だそうですが、播州地方でも作られるようになりました。
饅頭の皮が小麦粉ではなく、生麸の皮でこし餡を包むのが特徴です。
麩のグルテンに由来するもちもちの触感があり、麩だと言われても信じられません。
麩の新しい可能性を味わいました。

名物に美味いものなし――というのはウソですね。
播州には美味しいものがたくさんあることを知りました。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

今、部屋でくつろいでおりましたら
おもむろに主人が入ってきて、

「なぁなぁ、何有荘先生に、醤油饅頭と塩味饅頭、どちらが好きか聞いといて。」

と言ってきたので

「ぶわっはっはっは!」

と吹き出してしまいました。
他に考えることはないのでしょうか。。。。v-390

No title

わあv-10
美味しそうv-10
ほんとに美味しそうですね!
(えーやんv-343、えーやんv-345

これ!これ!これが私の理想の
いえ、理想のイメージ以上のtea timeです。
さすが!!!
ポーセラーツのティーカップ、本当によく映えて
綺麗ですね。
やはり奥様のsenseは素晴らしいです。
うちの分も作って頂いたらよかった。。。

主人一押しの醤油饅頭もいちだんと美味しそうです!この写真を見せてもらって、主人もたいへん喜んでおりました。今度お会いしましたら必ずこう聞くことでしょう。

「塩味饅頭と醤油饅頭はどちらがお好きですか?」

「いや~、どちらも美味しかったです。。。」

「いやどちらか選んでいただくとしたら?」

と、迫ってきますのでご注意ください(笑)
家族の中でも塩味饅頭派と醤油饅頭派に分かれるので、醤油饅頭派に入ってもらいたいのだと思います(笑)

ありがとうございます、こんなに素敵に撮影してくださってv-365v-273