★ソラマメは焼くのが一番簡単で、一番おいしい

焼きソラマメ
          サヤを数か所、竹串で穴を開け、グリルで数分

ソラマメのおいしさは時間との勝負。
だから茹でるよりは、サヤのまま焼く方がてっとり早く時間短縮ができます。
収穫したてのソラマメならば焼きソラマメをお勧めします。

何で焼くか、いろいろ試しました。結論は何でも良いようです。
画像はグリルでしたが、オーブントースターでもOKです。
炭火の直火でも、ガスの直火でも網に乗せて焼けばOKです。
  直火の場合、サヤに焼き色がついて食欲をそそります。
フライパンで焼くという手もありますが、テフロンだと空焼き気味が心配です。
  使い古しのフライパンがあれば良いのですが、なければ油をしいて焼きます。
  でも、サヤがベタベタするのが気になります。
調理用具の後始末を考えると、グリルかオーブンが簡単ですね。

画像は数か所の穴を開けました。穴から泡が噴き出した痕跡が見えます。
穴など開けず、端を少々カットするだけでもOKです。
水蒸気が勢いよく噴き出してきたり、ぶくぶく泡が出てくれば出来上がりです。

サヤを手で開くのは熱々で苦労しますから、ハサミを使った方が良いでしょう。
甘皮ごと食べても良いし、甘皮をむいて食べても良い。お好みです。
塩は振らない。
塩など振らずに、ソラマメの甘さを噛みしめます。それがソラマメの旨さですから。

今年のソラマメは虫など付かずに豊作です。
収穫したてを親戚に宅急便で送りました。毎年、喜んでくれます。
食物を育て、食物と共に暮らすって素敵ですね。
都会を捨てて、そんな生活がしたかった。
少しはそんな願いがかなって満足しています。

窓を開ければ五月の風がそよぎ、池の向こうに山笑うという新緑の山が見えます。
ウグイス、コジュケイ、キジも鳴いています。
ラベンダーの花も咲き始めました。
猛暑が来る前、今の時期が一番良い季節です。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント