★フィッシング偽メールが届いた

ニセメール
     上記が偽メール本文

また銀行を装った偽メールが来ました。
詐欺グループは、あまり利口ではなく一目で偽メールだと分かります。

 ① 銀行からのメールは 「こんにちは!」 などとため口をきくことはない。
 ② アドレスを見ると http: になっているのは怪しい。
    https: ならば今のところ、ある程度信頼できる。
 ③ 本文の上下に意味不明の英文が連なっている。
 ④ 日本語がぎごちない。
 ⑤ アカウントを入力させて、それを盗み取るメールである。

前回も、三菱東京UFA銀行をかたったものでした。
三菱東京UFA銀行に偽メールが来たとお知らせしたのに なしのつぶて。
一カ月ほどしてから、新聞広告・TV等で注意喚起がありました。
お客様対応も、偽メール対策もなっていない。鈍感すぎる。

たぶん、隙がある銀行だから狙われているのでしょう。
ご注進しても担当者からお礼の一言もないのですから、今回は無視。

最近の偽メールも手が込んできているようですが、この手に乗らないように注意しないといけません。
銀行は、個人情報の管理については煩わしいくらい慎重ですから、こんな気楽な入力案内はウソに決まっています。
横浜銀行の偽メールは来ていませんが、横浜銀行から注意喚起のお知らせメールは来ています。

心配ならば、銀行に直接、電話で問い合わせてみるべきでしょう。


 








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント