★カモミールの季節がやってきた

カモミール
         庭のジャーマンカモミール

おだやかな気分になるカモミールのハーブティー。
黄金色のティーとなり、ほんのりとりんごのような甘い香りがします。
そんなカモミールの花が今年も咲き始めました。

ティーはいつもストレートで飲んでいますが
体調が良くないときは、紅茶と合わせたり、ミルクティーにすることもあります。
蜂蜜をちょっと加えれば至福のひとときです。

英国の童話『ピーターラビット』に次のような場面がありました。
   10021012766.jpg 画像元

お腹の具合を悪くしたピーターをベッドに寝かせ、母親がカモミールティーを作っている場面。兄弟たちがその様子を見守っています。
「 寝る前にスプーン1杯だけ飲むのですよ 」

スプーン1杯とは15cc程度らしい。
ウサギだからその程度の量で良いのでしょう。
カモミールは薬草として4000年の歴史があるそうで、花を摘み取って乾燥させて保存します。

ところが花にアブラムシが取りつくことが多く、ティーにしたらアブラムシが浮いていたではシャレにもなりません。
アブラムシはカモミールが好きなようで、作物の隣りにコンパニオンプランツとして混植させれば、作物がアブラムシから守られる―――と言う人までいます。
それじゃあティーに利用できません。

アブラムシは弱った作物に付く傾向があり、盛りを過ぎた作物にびっしりと取りついていることがよくあります。
それを引き抜いて捨ててしまう人が多いのですが、それは逆です。
その株だけ犠牲になってもらえば、他の株に蔓延することが防げます。

画像の写真を撮るために近づいて見たら、てんとう虫の幼虫がいました。
アブラムシが大好物ですから、てんとう虫様々、熱烈大歓迎です。

今年も間もなく、カモミールの花の収穫時期となります。
それにしても寒いですね。今日もまた外気温は12℃。
ピーター同様この1週間体調不良でした。
昨年収穫のカモミールを引っ張り出し、ウィスキーをちょっと垂らしていただきました。
早くちゃんと平均気温に復活して欲しいものです。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

花粉症+風邪で、鼻とのどが乾燥し、ひどい目に合いましたが、このところ湿度が高めなので落ち着いてきました。
いそがしかったせいもあるしね。
ご心配かけましたが、もう大丈夫です。

No title

どうされたのかなあと思っていました。
ことしの4月は、雨が降り過ぎですよね。
ハーブティーで元気になれますように!