★ヨモギでジェノベーゼ、作り方

ヨモギ
    キク科の植物だから菊の葉に似ている。葉の裏が白いことが特徴。

3月31日はゴロ合わせでサンサイの日、山菜の日だそうです。
この時期の山菜の代表格がヨモギ。
草餅に使うのが普通ですが、おひたしやみそ汁の具にもなります。
今回はバジルの代りにジェノベーゼ風に仕立ててみました。

【材料】
  ①よもぎの葉 50g    ②松の実 20g    ③ニンニク1/2片
  ④オリーブオイル 100cc  ⑤バター少々     ⑥塩 少々

【作り方】
 ①よもぎの穂先を摘み取って、葉だけにしてきれいに洗う。
 ②鍋に熱湯を沸かし、塩を入れ、ヨモギをさっと茹でて絞り、刻みます。
 ③松の実と刻んだニンニクをフライパンで軽く炒る。
 ④全部混ぜ、オリーブオイルを少しずつ加えてプロセッサーにかける。
 ⑤ペースト状になったら出来上がり。

手間を省いて軸も使ったら筋が残って、ペーストにするのにかえって手間がかかってしまいました。葉だけ使うのが正解でしょう。
それぞれの素材の分量は適当ですからお好みの量で。どうにかなるものです。
ピザトーストに利用し、残りはビンに詰めて冷蔵庫保管にしました。

ピザジェノベーゼ
      よもぎペーストはピザに合う        瓶詰冷蔵庫保存
次回の利用法ははグリーンパスタでしょうかね。

山菜を摘む時、良くわからないときは手をださないのが原則です。
毎年、毒草を食べて中毒を起こす人がいます。
ニラと間違えて水仙の葉を食べてしまったなんて話を聞くと情けなくなります。

ヨモギは葉の裏が白いので判別が容易ですが、それでも似た毒草があります。
キツネノボタン、クサノオウは強力な毒草で、いすみ市では普通の野草ですから、間違ったら大変です。
花が咲けばその区別は明瞭。でも春の野草として利用するのは花咲く前、葉だけの時。
ヨモギだけでもしっかり覚えれば、名前は知らぬとも葉の感じがちょっと違うと気づくものです。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント