今朝の朝食は手作りピザ

   
      見栄えはあまり良くないけれどおいしかった

朝早く目覚めることがあります。
電気料金はオール電化の時間帯別料金なので朝7時までは深夜料金で安上がりです。

久しぶりにピザを作ろうと思ったのですが作り方を忘れていました。
それで村上祥子さんのテキストを引っ張り出して来たのですが、レシピ通りにはしないのがわたしの悪い習性です。

変更した点1、バターを使わないでオリーブオイルですませたこと。
       2、ピザ生地を最初にフライパンで焼いたこと。
尊重した点1、生地を電子レンジを使って1次発酵させたこと
       2、材料の分量

先だって家内が留守なのでM乳業の冷凍ピザを買ったのですが、失礼ながらもう二度と買わないぞと思いました。
それよりも前、某スーパーのお持ち帰りピザもヒドイものでした。
何有荘近辺にはピザハウスなどありませんから、自作しようと思ったのです。
家内から、小麦粉(強力粉)の消費期限が迫っていると責められていましたから。

今回のレシピ
 ①耐熱ボールに牛乳75cc+オリーブオイル大さじ2を電子レンジ500wで30秒。
 ②ドライイースト4g+砂糖9g+塩1gを上記に混ぜる。
 ③全粒粉40g+強力粉60gを上記に少しずつ投入し適当に混ぜる。
 ④ラップを材料に軽く密着させ、電子レンジ200wで30秒。
 ⑤まな板に小麦粉を振り、上記を移し、二つに分けて丸める。
 ⑥ぬれ布巾をしっかり絞って被せて10分待てば2倍に膨らむ。
―――
 ⑦綿棒を使って25cm程度の円形に延ばす。(丸1個分=一人分)
 ⑧テフロン加工のフライパン強火で焼き、表面にオリーブオイルを塗る。
 ⑨同様にもう1枚作る。
―――
 ⑩トッピングを適当に散らし、オーブン250度で10分で出来上がり。

まとめてみると結構手間暇がかかっていますよネ。
もう少し簡単にしたいものです。
バジルの葉を使おうとピザにしたのに、焦っていたのか忘れてしまいました。
でもまぁ、手作りで作るとおいしいものです。安心安全ですし。

さてこの小麦は少し高級で1kg400円近くしたのですが、メーカーに問い合わせてみるとオーストラリア産ということでした。
今回は全粒粉を一部使いましたが、全量強力粉だとすると100gですから40円。
一人分50gで20円になります。
これを高いと見るか、安いと見るかですが、どうですか?

トッピングの材料費や光熱水費、手間賃などを無視すると手作りは間違いなく安い。
強制された仕事だと思わず、趣味で作っている、ダメでモトモトと思っていると気が楽です。
冷蔵庫の残り物の処理もついでに出来ます。
生地がパリッとしているのに口に含むとフワッと溶けるようだ。
すごくオイシイと誉められるとブタだって木に登ります。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント