★春一番、南風吹く

サクラ咲く
      太東埼の河津桜、日当たりの良い木は満開

今の時期、冬の気候と春の気候がせめぎ合い、今日は春の勝ち。圧勝です。
昨晩からの春の嵐のような南風と断続的な激しい雨。
今朝の外気温は15℃もありました。

画像は一昨日、晴れている日のもので、日当たりの良い木でしたから満開です。
日陰にある木はまだツボミですが、来週にはボツボツ花咲かせることになるでしょう。

河津桜が早咲きの桜としてもてはやされ、いすみ市でも各所に植樹されています。
太東崎灯台への坂道にも何年か前に苗木が植えられ、
ずいぶん、幹が太くなり、年々咲かせる花は増えて豪華になりつつあります。

でも桜と言ったらソメイヨシノで、3月下旬からが見ごろ。
個人的には “朝日ににほふ山桜花”―――本居宣長がうたう山桜が好きですね。

    ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ
                                      ――紀友則、古今集『春』33

平安時代にはソメイヨシノも河津桜もなく、この歌は山桜を見ての慨嘆です。
今の時期はまだ、「ひかりのどけき春の日」とは程遠く、また明日からは寒くなります。
旧暦で言えば、まだ1月5日。冬の日と春の日とが交互に立ち現れる早春です。

早春には梅の花が似合います。
まだ長者町の天神様の梅の花も満開になっていないのに、河津桜が満開だと大騒ぎするのはやや軽薄のような気がします。
老舗の梅に対して、新参者の河津桜がはしゃぎ過ぎのような気がしませんか。

伊豆の河津は発祥の地だからまだしも、神奈川の松田や三浦半島、千葉の官軍塚や白子などどこも美しい河津桜で有名です。ただし自然の風景ではなく植樹したものです。
他に先んじて観光客を呼びこもうとする下心が透けて見えます。でも河津桜に罪はない。

河津桜の花のじゅうたんはなかなか素晴らしいものです。

 紅梅ネコヤナギ
                  早春の花  紅梅とネコヤナギ。
          早春には、梅の花やネコヤナギの方が心が落ち着きます。


 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

MURAKIさん、こんにちは。
スロースローの生活ブログを楽しみにしています。
またよろしくお願いします。

No title

たしかに河津桜は下心が見えますね。笑ってしましました。