★スローステップ台を購入

スローステップ台
           コメリで購入した高さ15cmの玄関台です

いすみ市は増田明美さんの出身地なのでマラソンが盛んな地域で、ばっちり決めたスタイルで走っている老若男女をよく見かけます。
何の用もないのに走り続けるだなんて、人間って不思議な生き物です。

健康のためとはいえマラソンは大変だからジョギングにしたという人がいて、そのジョギングも疲れるからウォーキングだ、散歩だという人もいます。
ところがウォーキングや散歩よりは、散歩程度の速さのスロージョギングの方が優れているという話がありました。
そして今はとうとうスローステップなるものが注目されているようです。
根性なしの怠け者には良い方法です。

ちょっとした踏み台を上下するだけの運動で良いのです。
右足から1・2・3・4で上下し、次に左足から2・2・3・4で上下するだけですが、台の上で両足がそろった時には膝をピンと伸ばすのがコツです。
雨の日でも北風が強い日でも室内で簡単にできます。
NHKの朝ドラを見ながら1・2・3・4。夕時はニュースを見ながら1・2・3・4。

何年も前に「NHKためしてガッテン」で放送され、最近またあちこちで報道されました。
消費カロリーは1分間に80回のテンポでウォーキングの1.4倍。
1分間に100回なら1.6倍ですから、スロージョギングレベルになります。

「ためしてガッテン」の実験では、筋肉に流れる電流の量を調べた結果、スローステップはスロージョギングの2倍の筋肉を使っていたそうです。
ステップの上下で足腰の筋肉をシッカリ鍛えられるので、転倒の予防や寝たきりの予防にも大変効果的だと聞くとヤル気になります。

スローステップ台なるものが市販されていますが、わたしたちには画像の台でじゅうぶん。
専用市販品の半値ですからね。
実際、使ってみると血流が豊かに流れて足が暖かくなることを感じます。
もしも途中で飽きてしまっても「台」として何かの役にたつでしょう。

*****

【ジャーナリスト後藤健二さんを悼む】

戦火の中では女性や子どもなど弱い立場の人が犠牲になる――その実態を伝えてきたジャーナリストの後藤さんが殺害されました。
国会ではテロに屈せず、妥協せず、邦人救出のためには自衛隊の出動も考えねばという議論が出ていますが、ちょっと違うのではないかと思います。
なぜテロリストが生まれるのか、戦争が起きない世界にするにはどうすれば良いのか、日本国ができること、日本人ができることを考えること、それが大切だと思います。
偏狭で独りよがりの 「正義」 の激突が多大な犠牲をもたらしていることを考えれば、現にある戦争の惨禍を見つめ続けることの中にその答えがあるに違いない――後藤さんはそう考えてきたのではないでしょうか。
I am Kenji. ――その心を伝えることが後藤さんの未完の大志を継ぐことになるでしょう。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント