★ミカンの皮で大掃除 

ミカン
    おいしいミカンの季節になりました

最近のミカンは袋ごとパクリと食べられます。
ある集会でミカンが出て、袋を食べ残していたら隣のおば様に叱られてしまいました。
つい昔の習慣が出てしまいます。
ミカンの皮は生ごみ堆肥に回していますが、その前にもう一度働いてもらいましょう。

【 ミカンの皮で年末のお掃除 】
ミカンの皮の主成分はクエン酸にリモネン。
クエン酸はご承知のように水垢、石鹸汚れやトイレの尿などのアルカリ性の汚れを落とす効果があり、除菌、消臭効果もあります。
リモネンは油を分解します。
ついでながら、白い筋にはペクチンが多く、ツヤ出し効果があります。

(1)台所、ふろ場、洗面所の金属部分をピカピカに!
みかんの皮の内側の白い部分で水道の蛇口や台所のシンク周りなどの金属部分をこすって磨きます。水垢が取れ、ピカピカになります。

(2)ガスレンジなどの油汚れのお掃除に
外側の黄色い部分でこすり、次に内側の白い部分でふき取り、仕上げは水ぶき。
軽い油汚れなら、皮の内側の白い部分でこするだけでもきれいになりますよ♪

(3)油汚れの食器に
茶碗やお皿など食器の油汚れは内側の白い部分で磨くと、汚れが落ちます。

(4)電子レンジや魚焼きグリル
電子レンジにみかんの皮1個分を入れて1分加熱。レンジ内の臭いがすっきりします。
グリルの受け皿の水にみかんの皮を1個分ほどちぎって浮かべ、いつも通りに魚を焼くだけ。調理後のグリルの始末がぐっと楽になります。

レモンの皮で大掃除は有名ですが、ミカンだって同じように使えます。
ただし、レモンの皮ほど厚くなく、特に最近のミカンの皮は薄いのでやや使いにくい。
ボロボロになってから生ごみ堆肥行きにすれば、ミカンもきっと喜ぶことでしょう。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント