★家庭的なラーメン屋さん 揚江(ヨウコウ)

ラーメン
   肉のせ野菜ラーメン 850円

桑田の交差点近くに新しいラーメン屋さんができました。
農家の納屋を改装したような小さなラーメン屋さんで、わたしたちとそう年齢が変わらぬご夫婦のお店です。
11:00から14:00まで、売り切れ御免のお店ですから、儲けようとかではなく、ラーメンを食べていただくのが生きがいという感じが漂っています。

外房の国道128号沿いはラーメン激戦区で、それぞれ個性があり、しのぎを削っています。
小さな店やチェーン店の多くは若い人が料理人で、どちらかと言うと味が濃い、ギラギラしたスープが特徴でビジュアル系。元気が出るラーメンが多い。

揚江さんのラーメンはちょっと違います。
画像のように一見すると家庭で作るラーメンのように見えます。
一番の特色は化学調味料を使わない昔からのサッパリ系醤油味スープでしょうか。
『無添加の店 揚江』が、お店の看板です
鶏、干しエビ、煮干しなどで出汁をとってあり、麺は国産無漂白小麦の自家製麺。
野菜や肉も地元産を使い、できる限り自分の手で、自分の目で確かめ、手間を惜しまずに作ることをモットーにしているそうです。

麺に野菜炒めが乗っかったようなのが「野菜麺」。それに豚スライス炒めを載せたのが画像の「肉のせ野菜麺」。
その他、焼売や杏仁豆腐、発酵玄米なども置いてあり、いずれも手作りです。
味は濃すぎず、薄すぎず、さっぱりしていてコクがある…。

開店してまだ1か月もたっていないのに、お客の半数はリピーターのようでした。
ラーメンにおふくろの味というのがあるならば、そんな感じの身も心も温まるラーメンでした。作っているのは細身の大将ですが。
機会があればまた寄ってみようと思います。

駐車場が狭いので、車は桑田交差点角の空き地に駐車しておくのが良いと思います。
  『無添加の店 揚江』いすみ市岬町桑田2514-2 tel 0470-80-2766 定休日火曜
     

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント