★頼朝伝説、弓取川

弓取り橋
     小さな橋に「ゆみとりばし」の表札があります

いすみ市岬町長者から夷隅町・大多喜町に通じる古い街道があります。
現在の県道154号、中根小学校近くに流れる小川は弓取川。そこにかかる橋は弓取橋です。
車で通れば川も橋も気付かずに通り過ぎてしまうほどのあっけなさですが、往時は川幅もあり水量は豊かであったと思われます。

1948年に太宰治が入水自殺した玉川上水は、今行けばこんな場所で入水自殺できるわけがないと思われるささやかな流れですから、弓取川が今はささやかな農業用水のようにしか見えないとしても 昔は大河のように思われたと想像力を働かせることが大事です。

治承4年(1180年)8月、平家打倒の旗揚げをした源頼朝は伊豆の石橋山の戦いで一敗地にまみれ、命からがら小舟で房総半島に逃れて再起をはかります。
その時に頼りにしたのが房総半島の実力者、上総権介平広常でしたが、『吾妻鏡』によれば広常は色よい返事をしなかったそうです。

そりゃそうです。指名手配中の敗残の将の首を取れば大手柄です。負け犬に加担して一族の未来を棒に振るほど頼朝に恩があるわけではありません。
けっきょく 頼朝は外房の広常館に立ち寄ることなく下総に向かい、千葉介常胤の一族郎党300騎に迎えられて息を吹き返します。

したがって広常勢力下にある危険な夷隅郡を頼朝一行が堂々と通過したとは考えられませんが、この地には数々の頼朝伝説が残されており、この弓取川もその一つです。

安房の国に上陸した頼朝には北条義時や和田義盛など有力武将がつき従っていました。
彼らと共に 道々兵を募りながら長者・江場土方面に行進している時のことです。
折からの雨で前途の川の水は増水しておりました。川を渡る適当な場所はないかと偵察している際に部下がうっかり弓を引っかけて落とし、川に流してしまいました。
それを見た頼朝は間髪を入れずに川に馬で乗り入れて弓を追い、弓を拾い上げると高々と掲げ、

   「見よ!! 流された弓は見事に我らが手にした。我らが戦(イクサ)もかくあらん。
    最後に勝つのは我らだ」 と大音声で叫びました。

さらに頼朝は対岸に渡ってこちらを振り向くと、馬上で弓を大きく振り回すという勝利の儀式を演じました。
つき従った部下たちから盛大な拍手と声援が送られたのは言うまでもありません。
弓を流した部下に、「弓には神霊が宿る。ゆめゆめ おろそかにすることなかれ」と言いながら弓を返しました。

以後、この川は「弓取川」と名付けられ、この川を渡ることは出世の前兆、縁起の良いことだと村人に伝えられました。

この川に流れてきた弓、あるいは流された弓を拾い上げた武将が実際にいたのかもしれません。
その弓を拾い上げたのが頼朝であるという事実は確認できませんが、頼朝だったら絵になりますし、話もおもしろくなります。

京の都の番犬と卑しめられた武士階級でしたが、頼朝によって武士の時代という新しい時代が切り開かれました。
その新しい時代の幕開けの苦しい時に頼朝を支えてきたのが房総の武士団であるという自負がこの地に数々の頼朝伝説を残すことになったのでしょう。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント