★台風前に ルバーブのジャム作り

ルバーブ1ルバーブ2
      砂糖をまぶしてチンすれば出来上がり

台風が来ると潮風で被害が出ますから、事前にルバーブを刈り取り、ジャムにしました。
ルバーブは大きくなる草で、ヤツデの葉よりも大きな葉が育ち、その太い茎(葉柄)を利用します。

“蓼食う虫も好き好き”と言われる蓼(タデ)の仲間でシュウ酸が強く、とても生で食べられたものではありませんが、砂糖と一緒に煮ると大変おいしい。
ジャムにするつもりで育ててきました。

  1.葉は切り捨て、洗った葉柄を1~2cmで小口切り。270gありました。
  2.重量比30~50%の砂糖をまぶして1時間もすれば水分が滲み出てくる。
  3.耐熱容器。電子レンジ600wで2分間×3回。良くかき回す。
  4.レモン水大1を加えてさらに2分で出来上がり。

電子レンジだとアクを取り除くのが不便で、アク入りジャムになってしまいますが、気にしなければアク入りだってじゅうぶんにオイシイですよ。
上品な甘酸っぱいジャムになります。
何よりも超簡単なのが気に入っています。

ルバーブの茎は緑色、赤色と種類によって違います。
緑色の茎からは画像のようにやや黄土色のジャムになり、赤い茎からだと鮮やかな赤いジャムになりますが味は変わりません。
一株が1~2mにもなり、場所を占有する点に注意が必要です。
いちど植えれば手間いらずの作物ですから家庭菜園が趣味なら一株育てれば良いのにと思っています。年に2~3回は収穫できます。

今年の台風は二度目で、準備万端整えておりましたから被害はほとんど見当たりません。
昨夜襲来し、今朝がた6時には猛烈な風もやみ、今は台風一過、穏やかな秋の日差しになっています。
すがすがしい秋の一日です。

 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント