★今年は柿が豊作だ

柿
       庭の柿の木

今年の柿はダメだねーという人が多い中で、何有荘の柿はなぜか豊作。
十数年前に、何有荘を建てた記念にと友人が植えてくれた柿の木です。
桃栗三年柿八年のことわざ通り、なかなか実を結ばなかったのですが、昨年からポツポツと実り始め、今年は全開です。

何の世話もしていないので、事実上、野生の柿でみてくれは悪く、大きくもありませんが、むいて食べればおいしいのですよ。
甘柿でした。
記念植樹っていうのも良いですね。毎年その友人のことを思い出します。

世の中に固い柿が良いか、熟柿が良いか、その好みを譲らない人がいるようですが、わたしは渋柿でなければどちらでもOKです。
さてこれだけあると毎日食べても食べきれません。
おまけに知人から「柿食べるー?」と一袋いただいたりして。

どうしても使い切れないときは4~8リットルの梅酒ビンに次々に放り込んでおきます。
半年もたつとグジャグジャに発酵して純粋柿酢ができます。
コバエなどが煩いですから、きっちり封をせねばなりません。
ビンの上部には柿酵母のコロニーができ、まるで食品とは思えませんが、
そのコロニーをかき分けて、中下部の透き通った酢を使います。
コロニーが繁殖することで雑菌の繁殖が抑えられますから、コロニーをすくって捨てたりしてはいけません。

この柿酵母は柿に付着していますから、ビンに入れる時にゴシゴシ拭いたりしない。
やわらかい柿も固い柿もヘタをとってポイポイ入れておけば自然に発酵してきます。
コロニーになってきたら、イースト菌替りに使えばパンが焼けるはずですが、まだ試したことはありません。
どなたか柿酵母パンを作ってみませんか。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント