★秋の花、ホトトギス

ホトギス
 
今の季節、里道や山道を歩いていると気づく野草がホトトギス。
画像は飯綱寺の庭園で撮影したもので、和風庭園には野草もよく似合います。

Wiki には花弁が6枚と記述されているけれど、正確には3枚で、後の3枚は萼(ガク)が変化したものです。
このような花はユリ科の特徴ですから、ホトトギスもユリ科に属します。

ユリの仲間だと言われても、にわかには納得できません.
でも、花の形態だけでなく葉の形や葉脈もある種のユリに似ているじゃないかと指摘されればシブシブ納得せざるをえません。

百合の花との一番の違いは、何といっても花が二階建てになっているように見えることでしょう。
こんな形の花は他にないように思います。
花の中央のメシベがすっくと立ち上がり、上部で6本に散開するので、花の中に小さな花が咲いているように見えます。
しだれた茎の間に点々とホトトギスの花が咲くのは愛らしい風情があり、もしも秋の七草を新しく選定し直すとすれば、このホトトギスを推薦したと思っているくらいです。

hototogisu.jpg 香川の県の鳥・ホトトギス

名前の由来は、花びらにある紫色の点々模様が野鳥のホトトギスの胸の模様に似ているからだとか。
似ていますかねぇ。
中国では野鳥のホトトギスを 「杜鵑」 と言うので日本でも杜鵑草と書いてホトトギスと読みますが、まず無理ですね。読めません。
それにしても果たして中国でも日本と同じように野鳥ホトトギスとこの花が同名かどうか。
手元の日中辞典ではわかりませんでした。

英名は Toad lilies。Toad とはヒキガエルのこと。
紫のドット模様がヒキガエルの肌の模様に見えたようです。
イギリス人に風情を求めるのは、まず無理と言うことなのでしょう。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント