★いすみ市大原、故郷の山は最上山(2)

       案内図
        大宿口の入り口にある最上山ハイキングコースの看板

標高89mの最上山山頂に小さいながら立派な最上神社の祠(ホコラ)があります。
登山口は三つ、北・東・西。
それぞれ大宿口登山口、坊谷口登山口、新田谷(ニッタヤツ)登山口と呼ばれています。
大宿、坊谷などなにやら由緒深げな名前がついているのは、おそらく房総修験道と関係があるのでしょう。
中でも東ルート=坊谷口ルートは細い登山道が岩肌を刻んで作られ、しかも苔むして歴史を感じさせる趣があります。
大原の旧中心街、昔の大原漁港からの最短の参詣ルートとしてにぎわったことが偲ばれます。

天然痘撲滅の神様は普通は疱神様(モガミサマ)といわれ、特に固有名詞がないのですが、ここは固有名詞のある神様なので驚きました。解説版に 「比比羅木其花豆美神」とあります。読めませんね。
振り仮名がふってあり、「ヒヒラギノ ソノ ハナマズミノ カミ」 とありました。

調べてみると古事記には大国主神の子孫として比々羅木之其花麻豆美神が登場します。
解説版の神様名には「之」麻」の二文字が脱落していますが、読み方は同一です。
この神様は、神様の系譜に出てくるだけの神様で、何の神様かはっきりしませんが、比比羅木とはヒイラギ(柊)のことですから、ヒイラギの化身、魔除けの女神だと考えられます。

実際に歩いてみると、そう多くはありませんが確かにヒイラギを見出せます。
ヒイラギを魔よけとして節分の日に飾る風習は今日でも細々と伝えられています。
邪悪な疱瘡も追い払う神力があると信じられたのでしょう。

となるとこの山頂の神社の創建はいつになるのか気になります。
古事記とは奈良時代の書物。
永らく秘本で世に知られるようになったのは本居宣長の『古事記伝』以後のこと。それにしても比々羅木…の神様なんて通常の人は知りません。

大原で最も古くて格式がある「上座(カミクラ)三社」と言われる瀧内神社、鹿島神社、日月神社には日本武尊伝説があり、それぞれ最上山頂から東南東、東南、南南東の位置にあります。
三つの神社からの視点が最上山に集中しており、そのことは山頂の最上神社の創建が三社と同じ頃、つまり日本武尊伝説の時代にさかのぼることを示唆しているのではないでしょうか。

大原は奈良時代の木簡に都への献上品としてアワビ゙を送ったとして知られる土地です。
その頃の大原の集落はこの三つの神社の周辺でした。
奈良時代の頃、比々羅木…の神様を信じる行者が、疾病に苦しむ大原の人々のために山頂で魔除け・疱瘡除け・疾病除けの祭礼を執行したのだと想像をたくましくするのはシロウトの歴史探訪としては楽しいことです。

以後、この山頂は疱神山(最上山)として、聖地の扱いを受けるようになり、山頂には松の大木が立ち並び、故郷の山として大原の人々の精神的な支柱となってきました--。

      ♪ 最上山 松は緑に 塩田川 流れは清し…。    (大原中学旧校歌)

ウサギ追いし彼の山…。最上山に野ウサギもまだいるはずですが、訪れた日にはキョンが不気味な声で鳴いていました。
山頂の松は枯れ、これもまた時代の流れなのでしょう。

なお山頂の最上神社は、真東にある山裾の八坂神社に明治44年に合祀されました。
八坂神社は通称・寄瀬の天王様で祭神はスサノオ。
ヒイラギ…様、オオクニヌシ、スサノオ、いずれも出雲系の神様です。
スサノオ、オオクニヌシは医療の神様ですから、八坂神社にヒイラギ…様が引き取られたのは誠にふさわしい場所をえたものです。

≪ハイキングルート地図≫
 最上山地図

           途中の道標                山頂の最上神社
     案内標識 山頂神社



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント