★猛烈な雨-高解像度ナウキャスト

          ナウキャスト
             房総半島のナウキャスト画像 

どこで大雨が降ろうが他人事のようだった房総半島でも夜半から大雨となり、遠くで雷鳴が何度も響いています。
東京では浸水被害も出たと報道されています。
いすみ市では今のところ被害はでていませんが、北海道では70万人に避難勧告。

気象庁が今年の夏に導入した 『高解像度ナウキャスト』 を開いてみました。
これでみると猛烈な雨が降った南房総では危険が遠のいたことが見て取れます。
TVでは南房総などろくに報道されません。
自分で情報を得ることが大切です。
いすみ市でも山を背負った家は土砂災害の指定地域になっている場所があります。
『高解像度ナウキャスト』で今後の予報(1時間先まで)を自分の住む地域を確認すると心構えができます。
行政を信頼して頼り切っているとひどい目に会いかねませんからね。

いすみ市では夷隅川が氾濫して一部地域は洪水となり、救命ボートが出たことがあります。
このまま激しい降水が続くと心配になります。
そんな時は 「河川水位情報 夷隅川」 で検索をかけると、この辺の地域である桑田でのリアルタイム水位が見て取れるサイトがいくつかヒットします。
今の時点では平常水位ですが、河川の水位は山に降った水を集めて後から急上昇しますから、その点を考慮する必要があります。
ともかく、今の時点では氾濫を心配する必要がないと安心しました。

それにしても何でこんなに異常気象なのでしょう。
数十年に一度の大雨、これまでに経験したことがないような大雨が各地で頻発するのは異常としか言いようがありません。
困ったことです。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント