★今も広常公を供養し続ける渡辺家の人々 

渡辺氏宅かぶき門
  江戸時代の名主の格式を残す渡辺家の黒塗り冠木(カブキ)門 

上総広常は源平の時代に源頼朝を支援し、多大な功績がありましたが、その勢力が強大であったために謀反を疑われ、1183年に謀殺されて一家断絶になってしまいます。

しかし広常に反意がなかったことは、広常が玉前神社へ奉納した鎧から証明されました。
頼朝は悔やんで、上総国で最大な供養を行ったそうです。
その供養のための布施料にあてられたのが現在のいすみ市大原の布施地区。

その布施地区の殿台は広常の館跡と目されており、その台地に登る手前に牛舎があります。
「いすみライフスタイル研究所」のSさんはその牧場に勤務していたことがあり、Sさんの紹介で牧場の渡辺さんにお会いしてきました。

渡辺さんのご先祖は広常の重臣で、広常の死後、布施名熊に定住し、一族は以来八百数十年にわたり広常公の供養を続けています。
いすみ市は歴史の古い町ですが、現在も古い歴史がそのまま生きているのかと感嘆してしまいます。

高さ30数cmほどの厨子扉の裏に、「総見院殿観寶廣恆大居士」という広常の戒名と 「建久辰七年九月廿五日  上総之介従三位平之朝臣広常卿」 と書かれ、中に広常の木造坐像が収められております。
相当古いものでボロボロに近くなったので、塗り直したら新品のようによみがえってしまいビックリしたと笑っていました。

その実物や写真は残念ながらお手元になく、拝見できませんでした。
というのも渡辺家の子孫一族、現在は十数軒持ち回りでこの厨子の広常公像を1年交替で自宅に安置して広常公の霊を祭るとともに渡辺家の先祖の供養ならびに渡辺一族・一家の家内安全等を祈願しており、「今年はどこの渡辺さんちにあるのかなぁ」ということでした。

昔は春秋年に二度、渡辺一族が集まり、広常像に礼拝し供養する集まりがあったと聞いていますが、やがて年に一度となり、現在は全員集合はめったになく、渡す家と受け取る家でお互いの都合の良い日どりで儀式が行われています。それで他の渡辺さんには広常公像が今どこの家にあるのか、調べないとすぐには分からない、とのことでした。

先祖伝来の貴重なものであり、受け取った家は1年間責任を持って預かり毎日礼拝するのだそうで、置き場所は床の間が多く、泥棒に盗まれないように気を遣い、その1年間は真心を込めて奉仕しており、決して義理や習慣だからと続けているのではないと強調されていました。

後日、Sさんを通じて渡辺さんから広常の下の木造画像がメールで届きました。
何かの役に立てば、ということでありがたいことです。

広常公

衣冠束帯という当時の高級貴族の正装で、黒い衣装は四位以上の者に限定されます。
右手に杓(シャク)を持つ若い姿で、やや微笑んでいる穏やかなお顔の像です。
鎌倉時代の芸術はリアルな写実主義が特徴なので、この木像が生前の広常公の面影を少しは伝えているのならば、広常公は穏やかな性格であり、『吾妻鏡』が伝えているような傲岸不遜な人物ではなかったことでしょう。

仏像のように壇の上に載っており、その壇の模様は笹の葉のように見えます。
頼朝の紋章は笹竜胆(ササリンドウ)とされ、現在は鎌倉市の市章になっていますが、当時、頼朝は無地の白旗を掲げ、無紋であることを源氏嫡流の誇りとしていました。
しかしながら、頼朝=笹竜胆という俗説が流行する下地として、鎌倉=笹という認識が当時からあったことを推測できる興味深いデザインです。

民俗学的にはこのような一族の集まり・グループを“名字講”といいます。
先祖を同じくする渡辺一族の集まりですから“渡辺講”というのが適切でしょう。

なお、厨子にある建久七年(1196)とは広常公の十三回忌にあたって厨子と広常公像を造ったと読み取れます。
また戒名は名熊の石造供養塔に刻まれたものとまったく同一ですから、これが広常公の正しい戒名だと断定して良いでしょう。
贈従三位という高位は余人には にわかには信じられませんが、この厨子と坐像が建久七年の物とすれば同時代資料として尊重されねばなりません。

若いご主人は、色々ある資料をそのうち整理してまとめてみようと思っているのですがなかなか暇がなくズルズルと、とおっしゃっていました。
ぜひその作業が成就するようにとお願いして渡辺家を辞しました。


  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

広常

拓さん、こんにちは。
興味深く読んでくれる人が一人でもいれば、執筆のし甲斐があるというものです。
いすみ市は都会化されていないから、昔からの景色が残り、昔からの風習が残り、昔からの人々の心が残っています。
時代の流れとともに変化し続けていますが、せめて記憶だけは残したい。地元出身じゃないから気づくということもあります。
これからもよろしくお願いします。

No title

何有荘さん、いつも楽しみに拝読いたしております。

上総の介廣常公の記事は、大変興味深く、読ませて頂いております。

渡辺講が有ることは聞いておりましたが、布施の地で700年もの間、連綿と続いていることは驚きです!

戒名は、東光寺の物とは、同じなのでしょうか?
長くて立派な戒名を付けたものですね・・。

布施の地周辺は、興味深い土地名が多く、岩船に上陸した高貴な方々も、確か、そちらの方へ移ったと聞いています。

良い米が育つ、温暖な良い土地なんでしょうね・・。

昔から、先祖の方々が、暮らして来た、いすみの地を、これからもあまり変えずに、暮らしていきたいものです・・。
今後もよろしくお願いいたします。楽しみにしております!