★ 8月下中の野の花

タマアジサイ
  タマアジサイのツボミはまるでちょっと大きなピンポン玉

アジサイの葉に似ているけれどアジサイにしては変だなぁと思う林間のアジサイが画像のタマアジサイ(玉紫陽花)

この近辺では梅雨が終わり、アジサイも終わった8月頃になると咲きだします。
画像のようにピンポン玉が割れて中から花が顔を出しますが、並行してピンポン玉の周囲からも花芽が伸びて花が咲きだします。
満開になると、その姿はガクアジサイとそっくりですが、ガクアジサイよりは葉が厚くてザラザラしており、ピンポン玉があちこちに残っているのでタマアジサイだとわかります。

品種改良されていない野生のアジサイで、山道の日陰、沢沿いでよく見かけます。
紫陽花の仲間ですからやはり水が好きなのでしょう。
どこにでもいる野生のアジサイだと思っていましたが、関西以南には分布していないのだそうです。

タカサゴユリ
   これは タカサゴユリ でしょうか

これも山道で野生の花をよく見かけます。
ところが今年、人家の庭や道路沿いに咲いているのを多く見かけました。
急に増えた感じです。

ヤマユリの季節と入れ替わり、8月に咲き始めます。
ヤマユリは豪華という印象がありますね。こちらはすんなりと清楚な雰囲気です。
昨年まで、テッポウユリだとばっかり思い込んでいたのですが葉の感じが違います。
よく見ると葉が細く、とんがってまばらな点がテッポウユリと異なります。
しかし、タカサゴならば、花の基部に薄い色が付くはずなのに純白。
困ったなぁ
ま、テッポウユリかタカサゴユリです。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント