★ドライミニトマト、けっこう気を遣う 

ドライドライトマト2
 二つ切りを乾燥用網にキッチンタオルを敷いて載せて乾燥。右はオーブンで乾燥
 
ドライトマトなんて簡単だ、半分に切って干せばいいのでしょう?
たしかに三日目までは順調だったのです。
四日目に気づいたらカビだらけ。
泣く泣く、生ごみ堆肥に直行しました。

敗因の一つは切り口に塩をまぶさなかったこと。塩味が付くことを嫌ったからです。
二つめは三日目の晩から湿度が上がって来ていたこと。

それで作り直し。
毎日毎日ミニトマトは採れますから材料には事欠きません。
湿度は前日よりも高く、このままではカビが予想されます。
それで霧吹きで消毒用アルコールを日に二度吹きかけることにしました。
はっきりしない空模様で前回よりも乾燥が進みません。

二日目午後、思い切ってオーブンで乾燥させることにしました。
オーブンにクッキングシートを敷いて並べ、100℃60分を3回。
見た目は画像右のように十分乾燥したように見えましたが、摘まんでみると軟弱で水気が残っているように感じました。
カサカサのドライになることを期待していたのに、なかなか難しいものですね。

事実上、セミドライというところでしょうか。
これ以上の乾燥をあきらめ、保存瓶に入れてオリーブオイルで充たして保存にしました。
その前に摘まんで食べてみると、皮がやや気になりますがアマーイ!! です。
ヨシヨシ。
これでミニトマト活用の幅が広がります。
さて、何を作りましょうかね。

******

スズムシがきれいな声で鳴きだしました。
例年より1週間か10日遅れです。
窓の外では昨日初めてカネタタキのチンチンチン…という声が聞こえました。
気づけば草むらでツヅレサセコウロギも鳴いています。
どんなに暑くとも朝晩は涼しくなって助かります。

 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント