★レモングラスで虫除けチンキ 

レモングラスチンキ
   消毒用エタノール    レモングラスチンキ    100均のスプレー容器

東南アジアには蚊が多い。
そして野生のレモングラスが生い茂っている。
そのレモングラスはトムヤンクンなどの料理に使いますが、蚊除けにも使います。
三つ編みやリースにして飾ったり、あるいは蚊取り線香のようにいぶしたりするようです。
その場所にあるものを利用する――理にかなった生き方・暮らし方です。

画像のチンキはスプレーして虫除けとします。
20~50倍に薄めて使いますから、衣服にスプレーしても葉緑素の緑は気になりません。
アルコールがダメな方は肌に直接触れるのは避け、空間にスプレーするだけにしましょう。
寝室や網戸にスプレーするという人もいました。

【作り方】
  1.レモングラスを1~2本、根元からカットして切り刻む。
  2.小瓶に詰めてアルコールで満たすと香料や葉緑素が溶けだす。
  3.毎日小瓶を振って、5日もたてば出来上がり。
  4.水で20~50倍に割って使う。

日本には昔から蚊取り線香があります。
豚の形をした蚊取り線香の容器はいかにも夏だという風情がありますね。
これを 「蚊遣り カヤリ」 と言いました。
蚊を殺すのではなく、近づけない、あっちに行けというニュアンスがあります。

最近の殺虫剤は強力で便利ですが、強力すぎて恐ろしい。
使いすぎはきっと人間にも悪い影響があるでしょう。
その点、レモングラスの利用は「蚊遣り」と同じく、人にもやさしい。


  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント