★虫刺されに効く野草

ヨモギカタバミユキノシタ
     ヨモギ              カタバミ           ユキノシタ

蚊に刺されやすい人とそうでない人がいるらしい。
蚊に好かれる人と一緒だと、気の毒なことに彼(彼女)だけが犠牲になり、周囲の人は被害なしで安心ということがあります。
わたしはその安心タイプだったのですが、今年の蚊は悪質で刺されまくっています。
いなか暮らしではハチやブヨなど、何だっているので困ります。

虫に刺された後の対策、何有荘では
 ① ヘビイチゴローションは万能薬で、たいていこれで解決します。
  虫刺されか、アセモなのか、訳のわからないブツブツ発疹にも有効です。
                      作り方→●
 ② サージカルテープ
  包帯止テープみたいな紙テープ。ドラッグストアにあります。
  これを貼ると不思議にカユミがあっという間に気にならなくなります。

野外にいる時は上記①②が手元にない時があります。
アッしまった、忘れたとあわてなくても大丈夫。
そんな時は野草を摘んで揉み、汁を付けると効果てきめん。
それが画像のヨモギ、カタバミ、ユキノシタ。それにドクダミも効果が知られています。
なるべく早く、すぐそばにあるヨモギなどで試してください。
〇〇軟膏なんかいらないと思っちゃいます。

いずれも昔からの日本人の知恵です。
せっかく自然豊かな田舎に暮らしているのですから、虫刺されにも野草を利用しないという手はありません。

注意
野草の葉なら何でも良いわけではありません。かぶれてしまう場合があります。
利用するのは五七五調で 「ドクダミか、ヨモギ、カタバミ、ユキノシタ」
こう覚えると忘れません。
そうそう、アサガオの葉も昔から有名でした。役に立ちます。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント