★ステビアの栽培

ステビア
             庭のステビア

市販のガムや飴玉の原材料名としてステビアと書かれている場合があります。
カロリーゼロの甘味料として広く使われています。
南米原産で、面白がって苗を購入してからもう10年になるでしょうか。
葉をちぎって噛むと甘さが広がります。
お子さん連れのお客さんにかじってみな、と手渡すと恐る恐る口に含み、アマ~イ!! と笑顔になります。
それが楽しみで栽培しているようなものです。

数年前、ステビア栽培という農作物が高値で取引されたことがありました。
ステビアを大量栽培し、その葉や茎を発酵堆肥にして農作物を育てると甘くておいしい作物になるとの触れ込みでした。
少々試してみましたが、さほど実感したことはありません。
やり方が不十分だったのかもしれませんが、ステビアが甘いからと言って作物が甘くなるわけがないと思っている、つまり信じてないのがいけないのかもしれません。

普通の使い方は、ハーブティーに葉を数枚混ぜることです。
フレーバーを楽しむハーブティーに甘さが加わり、慣れない人には好評です。
ところがわたしたちは、いつもストレートで楽しみ、あれこれ混ぜませんから、ステビアの消費はほとんどありません。

いちど、カロリーゼロなら料理にも使おうと考え、茎葉を煮出してシロップにしたことがあります。
意外なことに黒っぽい液になり、何となく使う気になれませんでした。
慣れないと臆病になりますね。

庭の一画で増えもせず、減りもせず、毎年小さな花を咲かせて目を楽しませてくれますから、それで良しとしています。
耐寒性もあり、外房でも0℃以下になりますし、雪もたまに降るのに、何ら防寒対策をしないでも翌年には株元から新芽が伸びてくるので、世話無しです。

今年は葉をドライにして使い道を開拓してみようと考えているところです。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント