★ハーブフレーバーのフライドポテト。

ポテトポテト2
 庭のローズマリー、セージ、タイム、オレガノを少々採集。ニンニク1カケ。

知人から頂いたジャガイモ(ホッカイコガネ)はフライドポテトが一番おいしいとのことで挑戦してみました。
庭で雑草化しているローズマリー、セージ、タイム、オレガノもこんな時には役に立ちます。

【作り方】
 ① ハーブ類は丁寧に水洗いしてザルに上げて水きり。
 ② ホッカイコガネは皮をむき、棒状に切って水にさらしておく。
 ③ ザルにあけ、キッチンペーパーで余分な水分をとり、強力粉を万遍なくまぶす。
 ④ フライパンに画像のように入れ、オリーブ油かサラダ油を半分浸る程度に入れる。
 ⑤ 点火。160℃位。じっと我慢。油に浸った部分が揚がったかなという時に全体を混ぜる。
 ⑥ 表面が固くなり焦げ目がついたらザルにすくいあげて油切り。
 ⑦ 岩塩を少々振りかけて出来上がり。
  油はもう一度ぐらい使い回ししましょう。ハーブの香りが移っていますから。

なにせ大量のジャガイモを消費せねばなりませんから、目先を変えてみました。
上品に皮をむいて細切りにしたけれど、皮付きのまま太めのフライドポテトでもいいかな。
手が込んだだけ、おいしい感じがいたします。

ハーブ類は何でも良いけれど、ローズマリーは香りが強いので、せめてローズマリーだけでも利用してみるといつもと違った感じになります。

******

ウクライナやガザ地区の戦闘は心が痛みます。
ウクライナもガザも、当事者双方が 「自衛」 を標榜しており、
生存をかけた正義と大義のぶつかり合いは、多大な犠牲を払わないと終わらない。
積極的平和主義者ならば、こういう時こそ現地に駆け付け和平実現に努力すべきなのに、首相は財界人を率いて中南米・カリブ諸国参り。
日本は武器輸出三原則もあいまいとなり、戦争があればあるほど儲かるらしい。
武器ではなく平和憲法を輸出すること――それが日本が生きる道でしょう…。
69年前の今頃は猛烈な空襲下にあり、絶望的なカミカゼが突撃していました。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント