★夏だから家の風呂を温泉にしよう

ミント重曹
           庭のミント                重曹とクエン酸

7月上旬なのに巨大台風。最大規模の警報が出たり引っ込んだり。
台風一過はまた蒸し暑い日だと予想されており、先が思いやられます。
道路わきの1mにも伸びすぎた雑草を草払い機でガーガーしました。長袖シャツを着ての作業ですから汗みどろ。
こんな時はお風呂が一番助かります。ウチのお風呂を温泉にしてみましょう。

   【温泉化計画第一弾】
塩です。精製塩ではなく、粗塩の方がいいですね。
大さじ1~2杯で透明感のある温泉に早変わりします。
アセモに効きます。アトピーにも良いという人もいます。

   【温泉化計画第二弾】
重曹+クエン酸です。
掃除用にストックしてありますよね。掃除だけに使うのではモッタイナイ。
   ①重曹大さじ2杯  ②クエン酸大さじ1杯  
これで自宅のお風呂が炭酸泉になってしまいます。
炭酸ガスはリラックス効果があることが知られています。
もちろん、重曹+クエン酸+塩の三重奏のお風呂にしても素晴らしい。

   【温泉化計画第三弾】
ハーブです。
庭の雑草化したミントやレモンバームをザバーッと刈って束にしてバスタブに放り込んでハーバルバスとしゃれ込みましょう。すこし揉んでやると良い香りが漂います。
ラベンダーやローズマリーの剪定枝もハーバルバスに適しています。
見た目に豪華なのはマロウの花をどっさりいれること。
テルマエロマエでは出てきませんでしたがローマ人はハーバルバスが大好きだったようです。
これからの季節は紫蘇を使ったシソ湯もなかなかさっぱりして良いものです。
日本の田舎ならではのぜいたくなお風呂です。
重曹+クエン酸+塩+ハーブのカルテット温泉。日本でたった一か所だけの温泉が自宅に出現します。

灯を消して小さなLEDライトにし、窓を開けて風を呼び込み、耳を澄ませばもう虫の音だって聞こえてくるじゃないですか。
そんなバスタイムはその気になれば誰にでも手に入ります。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント