★台所用洗剤は無敵の殺虫剤 

シュパ
         洗剤をスプレー容器にいれておく

この時期、キッチンの困り者はナメクジとゴキブリ。
どちらも台所用洗剤の原液をかければ一発ですが、ゴキは逃げ回ってうまくかけられない。
そんな時、食器洗い程度に薄めた洗剤液をスプレーに入れて手元に置いておくと便利です。

洗剤に毒物が入っているわけではなく、呼吸ができなくなって昇天します。
食器類にかかっても洗い流せばOKです。

ナメクジの場合は熱湯も有効。周囲の消毒にもなります。
ただ、あわてると火傷しますから要注意。ゴキには無理ですね。
ついでに言うと、熱湯は除草剤替わりになります。ワンポイント除草に最適。
「ナメクジに塩」 は湿った場所では役立たず。
乾いた場所でなら塩でも砂糖でも重曹でも昇天します。

畑の野菜類に付いたナメクジ、ダンゴ虫、アオムシ・毛虫…すべて台所用洗剤液で昇天。
適当な容器に薄めた洗剤液を用意し、割り箸でつまんだり、はたいたりして洗剤液に泳がせればOKです。
数分でもだえ苦しみ、翌日には全員溺死。

茎葉が真っ黒になるアブラムシ(アリマキ)、緑のヤツもいますね。白い粉か綿のような状態になるカメムシやハゴロモムシも台所用洗剤薄め液で退治できます。
スプレーでシュパシュパ。液が滴るほどかけておけばOKです。

野菜やハーブ類など、後で水道水をよくかけて洗剤を洗い流しておくのは言うまでもありません。
そのままにしておくと、葉の気孔が目詰まりして葉が縮れてしまいます。
なお、シャンプーや洗濯用の粉洗剤も同様に使えます。
倍率は500~1000。1リットルに1g・1cc程度でOKです。

何よりも虫が付かない環境を整備することが第一でしょう。
込み合っていて風通しが悪いと虫の棲家になるようです。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント