★イスミスズカケの花咲く 

イスミスズカケ
     「いすみ環境と文化のさとセンター」で撮影

世界中にただ一か所、いすみの里山にたった100株しか生存していないので文句なしに絶滅危惧IB類に指定されました。
まったく存在が知られていなかった品種で、茂原在住の野口昭造さんがいすみ市でのフィールドワークで2009年に発見したものです。
徳島県のスズカケソウに似ているがちょっと違う。それで千葉県立中央博物館で詳しく鑑定した結果、新種として国際登録され、Veronicastrum noguchi ベロニカストラム ノグチ という学名が付きました。
学名には発見者の名前をつけて敬意を表すことになっています。和名は地域名をとってイスミスズカケになりました。

自然を守る会の大藪会長が 「いすみは日本のガラパゴスだ」 と言っていましたが、絶滅危惧種のニホンアカガエルなんかウジャウジャいて、ちっとも貴重に思えない地域です。
この地域はまだ何か動植物の新種が人知れず生き残っているかもしれませんね。
ただ、イスミスズカケは大変貴重なので自生地は秘密になっています。

センターでは種の保存をはかるために挿し木で増殖を試み、今年、花を咲かせました。
プランター栽培というのがちょっと情けないがしょうがない。
発見者の野口先生に昨年お会いした時に現物を見せていただきました。
その時はややしなびていたので、生きの良いのを見たいと思ってセンターに行って画像を撮ってきました。
1本の茎に順番に紫色のポンポンのような花を咲かせています。美しいから貴重種というわけではないのですが、美しいと貴重種として保護したいと思いますね。

このような貴重種は一般人が採集し、栽培することは禁止されています。
先だって、いすみのミヤコタナゴという貴重な淡水魚を飼育していた人が捕まりました。
現地保全の原則に反し、しかも譲り受けた時に金銭の授受があったようです。
でも種の保全とはいえ、一般人がかかわることを全面禁止するのはどうかな、と思います。

神奈川県の境川水系のメダカが自然環境悪化で絶滅しました。
ところがその後、近くの民家の大きな池の中で生き残っているのが確認されました。
ずいぶん前に川で採集して池に放したそうです。
その家の人は 『種の保存法』 違反で処罰されたのでしょうか、それとも種の保存に貢献したとして表彰されたのでしょうか。

種の保存、貴重種の保護育成は専門家以外は一切禁止という現行法は気に入りません。
イスミスズカケも、地域の人々に苗を分けて積極的に栽培育成を依頼すればいっそう市民に親しまれ、市民の誇りになるのにね。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

イスミスズカケ

そう思います。
秘密主義とエリート主義の裏には、一般庶民に対する蔑視がありますね。

お役人様や学者様もカミシモを脱いで、みんなと一緒になり、みんなと工夫して、みんなで努力すれば、もう少し良い世の中になるはずです。

育てたいという人は身近に何人もいます。


 

役人のやりそうなこと

kayusouさんこんばんは

じいもそう思います。もう少し民間に下げればいいと思います。
市民参加で 協働すればです。
役人はエリート意識が強く、手放さない。

いすみの里山にしかない。すごい発見でしたね!
可愛がって、市民の宝にし、増やしたいですね。